カンボジア鍋を食す

長い一日を締めくくる本日のディナーはオールドマーケット近くにあるSoup Dragon(スープドラゴン)というレストラン。
f0002265_21275914.jpg


カンボジアの鍋料理が食べられるお店というので行ってみました。
チュナンダイというそうです。
メニューをみてもよくわからなかったのですが、隣のテーブルにいた日本人男性がいろいろと親切に教えてくれました。
まず、鍋のサイズを選びます。
鍋の中にはスープがはいっています。
f0002265_21285884.jpg

取っ手の着いた土鍋みたいなかわいい素焼きのお鍋です。
これでたしか大きい方のサイズだったかと。
次にスープに入れる具を決めます。
どうせなら、とおもってすべての具を頼んでみました。
f0002265_21305536.jpg

野菜
キノコ
白いのは「TOFU」と書かれていましたが、乾燥の湯葉みたいの

写真に写っていませんが生卵
肉は2皿(教えてくれた日本人男性のアドバイスに従って2皿頼みましたが、二人なら1皿でもじゅうぶんだったかも)

ちょこっとつまむものも欲しいね、と他のお料理を頼もうとしましたが、
お店のおにいさんに止められました。それは頼み過ぎだと。
あとはスープに具を投入していくだけですが、びっくりしたのは、お肉に溶いた生卵をからめて、
それを鍋に入れるのです。
スープが卵味になっちゃわない?と思いましたが(鍋焼きうどんで卵をつぶしたときのイメージだったので)、
煮立っている中にいれるので、卵は即座にかたまって、スープは透明なままでした。
あとできいたら、タイのイサーン地方のお鍋チムチュムもお肉に溶き卵をからめてお鍋にいれるそうです。

スープはあっさり味で、とっても食べやすいお鍋でした。
暑い国でお鍋っていうのもなんですが、とっても優しいお味なので、これなら食欲がないときとか胃腸が弱ってるときでも食べられそうです。
日本人には嬉しいかも~。
実は、ここから先、鍋に具を投入した後の写真はまったくありません・・・。
おそらく、食べるのに夢中になってしまったのではないかと。(汗)

通りに面したこちらのお店、席から通りをみるとこんなかんじです。
f0002265_21444987.jpg

このあたり、レストランやパブなどのお店がびっしり並び、夜になるととてもにぎやか、欧米人が多いです。
欧米の方々、なぜか通りに近い席のほうが好きなようです。
日本人のわたしにはあまりに通りに近い席はごはん食べるにはちょっと落ち着かないかなーって思いますが、欧米人には通りに近い席がより人気でした。

おいしいごはんで満腹になったあとは、疲れた足を癒すべく、フットマッサージを受けて、ホテルに帰りました。

Soup Dragon
Pub.St. Siem Reap
tel:063-964933
open:6:30-23:00
[PR]
Commented by carambola at 2010-04-10 12:14
お鍋の写真が見たかった~(笑)

卵を絡めて鍋に入れると味が絡んで美味しいですね.
タイスキでもそうやって食べたりしますよ~.
タイに行くと,暑くてて汗を垂らしながら歩いてるのに,
なぜかついタイスキやムーガタを食べに行っちゃうのよね(^_^;)
Commented by giovanni12 at 2010-04-11 09:25
鯔ちゃん、
ごめん・・・、どこ探しても鍋に具をいれた写真がなかったのよ。
わたしのカメラだけじゃなく、ダンナのカメラにも・・・(汗)
タイスキも好き♥
何も暑いところで好き好んで鍋たべなくたって、って思ってたんだけど、食べてみたら、暑い国で鍋、美味しいんだよね~。
今では定番です。
by giovanni12 | 2010-03-31 22:06 | Siem Reap | Comments(2)