カテゴリ:Taipei( 50 )

美味しい台北~刀削麺

中正紀念堂を見学した後は、すぐそばにある南門市場へ。

f0002265_22491378.jpg


市場といってもビルの中です。
地下1階は生鮮品売り場、1階は乾物・お惣菜売り場、2階が食堂と服飾品になっています。
まずは1階をぐるりと。
乾物やドライフルーツを売るお店がびっしりと並んでいます。
ただ、前の日にスーパーでドライフルーツ買ってしまったので、あんまり買えませんでした~。
試食させてもらって、美味しかったドライ金柑を買いました。

次に向かったのは2階にあるフードコート。
庶民的なフードコートですが、お昼時かなり込み合ってました。

いろいろあって迷いましたが、選んだのはこちらのお店。

f0002265_22593423.jpg


刀削麺のお店です。
お店の奥では刀削麺を削っています~。

f0002265_2302216.jpg


f0002265_2304057.jpg
f0002265_231081.jpg


上がトマトの入った牛肉刀削麺、下が五目あんかけの刀削麺。
刀削麺が麺というよりすいとんみたいで、若干大きすぎる感もありますが、味は悪くなかったです。
別なお店で母が頼んだきし麺みたいなのも、あっさり味で美味しかったです。

このあと、ホテルに戻り、荷物をピックアップして、空港へ。
だらだらと続いた2013年追加でアップするかもしれませんが。

また、台北行きたいな~。
[PR]
by Giovanni12 | 2014-07-27 23:10 | Taipei | Comments(2)

台北最終日です。
荷物をまとめ、とりあえずチェックアウトを済ませ、ホテルに荷物を預かってもらい中正紀念堂へ向かいました。

蒋介石の偉業を称えるために作られたという中正紀念堂、とにかく広いです。
約25万平方メートルもあるそう。
いや、ほんとに広くてでっかいです。

f0002265_7401868.jpg


遠く正面に見えるのが正門だそうです。
正門の奥に紀念堂があります。遠いのなんのって・・・
正門を抜けると、紀念堂がみえます。

f0002265_7462557.jpg


ようやく紀念堂までたどりつき、紀念堂から正門をみるとこんな景色です。

f0002265_7432626.jpg


紀念堂の中には蒋介石の像がかざってあり(この像がまた大きい)、1時間ごとに衛兵交代があります。

f0002265_7502925.jpg


一糸乱れぬ、ぴったりそろった動きで、なんどみてもすごい。
立っている間はピクリとも動いてはいけないようで、ほんと大変な任務です。
でも、選ばれた人しかできない、憧れの任務なんでしょうね。

衛兵交代式を堪能した後は、中世紀念堂のすぐそばにある南門市場へ向かいます。
[PR]
by Giovanni12 | 2014-07-27 07:57 | Taipei | Comments(0)

淡水を後にし、ホテルに戻る前にスーパーマーケットに寄り、
お土産やら食材やらを買い込みました。
ドライフルーツも買ったのだけれど、ドライフルーツは次の日に行った、南門市場のほうがいいかも。
ただ、いっぺんにいろいろ買えるスーパーは、滞在時間が限られている旅行者には便利です。

必要な買い物もほぼ済ませたところで、
本日のディナーは小龍包。やっぱり台湾に来たら、一度は小龍包をたべないとね。
どこへ行こうか迷いましたが、初めてのお店にチャレンジです。

f0002265_23172956.jpg


濟南鮮湯包というお店です。
わたしは初めて伺いましたが、小龍包の有名店のひとつだそうです。
きれいなお店でした。

いただいたのは、まずは点心から。

f0002265_23182820.jpg


f0002265_23185352.jpg


f0002265_23215736.jpg


圓籠鮮湯包(プレーンの小龍包)と絲瓜蝦湯包(ヘチマ入り小龍包)と2種類頼みましたが、写真撮ったら、まったく区別つかず・・・。
焼き餃子、焼売(なんの焼売か忘れてしまいました・・・)
こちらの小龍包、皮がすごーく薄いんです。
たしかに薄い、ツルっと食べられます。お上品な味で美味しかったです。

そのほかには、

f0002265_23235060.jpg


f0002265_2324445.jpg


f0002265_23241677.jpg


f0002265_23244548.jpg


f0002265_2324594.jpg


青菜の炒め物、濟南鮮東坡肉(豚の角煮)、その下のパンにはさんでハンバーグのようにしていただきます。
そして魩仔魚炒飯(シラスチャーハン)
どれも美味しくて、満足です。

ここの小龍包、けっこう好みです。
また食べたいな~。


濟南鮮湯包
台北市濟南路三段20号
℡:02-8773-7596/営業時間 11:00~14:30 17:00~21:00
MRT忠孝新生駅6番出口下車 徒歩5分
[PR]
by Giovanni12 | 2014-07-20 23:32 | Taipei | Comments(2)

美味しい台北~淡水

淡水の名所をぶらぶらと見学し、そろそろランチの時間。
せっかく淡水に来たのだから、ぜひ淡水名物を。

坂の途中にある、このお店。

f0002265_0215045.jpg


淡水名物「阿給(アーゲイ)」のお店です。
阿給とは、肉や春雨を油揚げに詰めた蒸しもの料理のことです。

f0002265_0233066.jpg


普通は油揚げだそうですが、こちらのお店は厚揚げに具をつめて蒸しているそうです。
開いてみると、具がびっしり。

f0002265_024690.jpg


これ、美味しいです。想像どおりの味なんですが、美味しい♪
具がかなりつまっているので、1個でもかなりボリュームあります。
魚の団子のスープと食べれば、りっぱなランチになりました。

その他のメニューはこんなかんじです。

f0002265_0273121.jpg


原來的老店 老牌阿給
住所:淡水鎮真理街6-1號
電話:02-2621-1785
営業時間:5:00~15:00(売切れ次第終了)



阿給でお腹いっぱいになったのですが、歩いている途中についついまた買い食い。

f0002265_0314017.jpg


今川焼き!
ふつうにあんこ、カスタードなどほんとに今川焼きなんですが、
これは切干大根の今川焼き。意外にいけました。
日本の今川焼きとちがって、皮が薄くてパリパリで美味しいです。
日本のより好きかも。


平日の淡水はちょっと人通りが少なくて静かでしたが、
のんびりするにはおすすめです。
[PR]
by Giovanni12 | 2014-07-16 00:39 | Taipei | Comments(2)

北京ダックでお腹いっぱいになり、
母、叔母、叔父夫婦はタクシーでホテルに帰ることに。
わたしたちはちょっとだけ寄り道を。

せっかく台北に来て、夜市に行かないのもなんだかもったいないので、
寧夏路夜市へ行ってみました。
昼間はなんにもないのに、夜はずらっとお店が並びます。

f0002265_152938.jpg


とはいうものの、さっこ北京ダックをたらふく食べたので、もうお腹に余裕もなく、
でもデザートなら行けそう、ということで豆花を食べることに。

f0002265_1541156.jpg


ここからすくって、

f0002265_1571094.jpg


カップに入れてくれます。この写真では大きさがよくわからないけど、けっこうなボリューム。
下の方には豆も入ってます~。
お腹いっぱいで食べれないはずなのに、なぜかお餅も・・・

f0002265_1583141.jpg


だって、まわりの人がみんな買っていたので(笑)

ここで食べようと思ったのですが、雨が降ってきたので、お持ち帰りしました。
豆花は多かったけど、ツルんと食べれるのできれいに完食、
お餅も苦しい・・・といいながら食べました。

胃がもうひとつ欲しい。
[PR]
by Giovanni12 | 2014-06-15 15:14 | Taipei | Comments(4)

大量にお茶を買い、ひとまずホテルへ戻りました。
いったん解散して休憩タイム。
わたしと相方はホテルの近くでマッサージをしてもらうことにしました。

マッサージを終え、本日のディナーへ。
この日のディナーは、お昼過ぎに台北入りした叔父夫婦と合流。
日本にいてもめったに会わないのに、台北で会うなんて、あんだか不思議な気分です。
計6名で向かったのは、北京ダックのお店。
このくらいいれば、食べられるかなと思って(笑)
だって、前回ほんとに食べきれなかくて残念だったので。

文湖線南京東路駅からすぐのところにある北平陶然亭餐廳という北京ダックのお店です。
日本度違い、リーズナブルな価格で、大人数が楽しめる北京ダックは家族のお祝いなどにぴったりなようで、
お店はほぼ満席。
北京ダックは予約済み、あとはつまみになりそうなものをちょこっと頼んで、まつことしばし。
そして、北京ダックがやってきました。

f0002265_12454658.jpg


お兄さんが慣れた手つきで北京ダックをどんどんそいでいきます。

f0002265_12463451.jpg


あっというまに、お皿いっぱいに。

f0002265_1247343.jpg


皮だけじゃなく肉もいっしょに巻いていただきます。
食べたいだけ北京ダックが食べられるシアワセ❤

ちあみに、北京ダックでできるお料理は、
一吃 一般的な食べ方。ダックをネギやテンメンジャンと一緒に「餅」に包んで食べる
二吃 ダックの肉とモヤシの炒め物
三吃 ダックの骨からとったスープ
四吃 「醤爆鴨骨」という、ダックの骨を使った料理
五吃 「溜黄菜」という、卵をダックの油で炒めて作ったスープ
六吃 「鴨油烤蛋」という、ダックの油で焼いた中華風の卵焼き
七吃 「乾扁鴨肉絲」という、細切りにしたダックの肉の炒め物
八吃 「生菜鴨鬆」という、ミンチにしたダック肉の炒めものを、生のレタスにくるんで食べる
の8種類。一吃から三吃は必ずでてきます。

f0002265_1250525.jpg


これは三吃のスープ。これだけでもかなりの量。
四吃以降は三吃をオーダーした場合のみ、追加オーダーが可能で、
よくばって八吃のレタス包みも頼みました。

f0002265_1252834.jpg


6人いても、かなりの量。がんばって食べたけど、あと二人ぐらい必要だったかも。
何せ年寄りの集まりなので・・・

欲を言えば北京ダックを包む皮がもうちょっと薄いともっとよかった気がするけれど、
値段と味と量のバランスを考えるととっても満足です。



北平 陶然亭餐廳(ベイヒン タオランティン・ツァンティン)
台北市復興北路86号2F
℡:02-2778-7805~7/営業時間11:00~14:00、17:00~21:00
MRT文湖線南京東路駅から徒歩1〜2分(電車から見えます)
[PR]
by Giovanni12 | 2014-05-25 12:58 | Taipei | Comments(2)

台北でお買い物~烏龍茶

ランチを食べ、その次に向かったのはお茶屋さんです。
もちろん烏龍茶を買うため。

f0002265_21483983.jpg


近代的なビルが立ち並ぶ市政府の駅周辺ですが、
反対側は意外に庶民的なお店が並びます。
お茶屋さんはそんな一角にあります。

f0002265_2151839.jpg


f0002265_21512399.jpg


それほど広くない店内ですが、お茶の缶がびっしりと並んでいます。
いろんなお茶を試飲させてもらいます。
お茶屋のご主人にいれてもらうお茶は、なんだか自分で入れるお茶よりもおいしく感じます。
買ったお茶についてはこちらですでに書いています。

買ってきたお茶は毎日おうちで飲んでいます。
改めて飲み比べてみると、やっぱりというか梨山烏龍茶がものすごくおいしくて、
烏龍茶なしの生活は想像できません。(笑)
[PR]
by Giovanni12 | 2014-05-18 22:01 | Taipei | Comments(2)

美味しい台北~阿鴻

剥皮寮をぶらぶら見ているうちにそろそろランチの時間です。
本日のランチは龍山寺にほど近い阿鴻というお店へ。

f0002265_2214526.jpg


24時間営業の大衆食堂といったところでしょうか。
地下にもテーブルの席があります。

f0002265_2291474.jpg


雞腿飯(鶏そぼろごはん)(わたしが見た本には麺と書いてあったんだけど、ご飯しかなかったような・・・)
鶏には味がついていますが、わりと薄味で、あっさりペロッと食べられました。

f0002265_22103545.jpg


雞肉飯(これは相方が頼んだので、わたしは食べてません~。美味しそうでした。)

f0002265_22114837.jpg


魚のスープ(魚の顔が・・・汗)すずきかな?だしがよく出ていておいしかったです。

一品一品の量は多くないので、いろいろ食べることもできるし、お昼ごはんにはちょうどいいかんじです。
こういうお店、会社の近くにほしいなぁ。

f0002265_22282136.jpg



阿鴻(アホン)
台北市萬華區廣州街245號之1
℡:02-2336-1127/営業時間 24時間 無休
[PR]
by Giovanni12 | 2014-04-13 22:27 | Taipei | Comments(2)

台北一のパワースポット龍山寺をお参りしたあとは、
ここから歩いて10分ほどのところにある萬華地区へ。
萬華地区は100年前までは、台北の街中を流れる淡水川沿いでは最も栄えていた一番大きな港町だったそうで、台北の中でも古い地区です。
今では、当時の賑やかさはほとんど残っていませんが、一部古い街並みがそのまま保存されています。

f0002265_830338.jpg


剥皮寮(ボーピーリャウ)はその萬華地区のメインになるもので、
一説によると、この恐ろしげな名前は、清の時代だったころに、中国の福州から船で杉の木材が運ばれ、皮を剥いで加工したところからついたということですが、
他にも諸説あり、ほんとうのところはよくわからないそうです。
その後は隣接している小学校の一部として使用されていましたが、老朽化により取り壊される予定だったのを、周囲の住民の反対などもあり、歴史的地区として保存されることになったということです。

f0002265_8365747.jpg


レトロな雰囲気がすてきです。

f0002265_8381570.jpg


すっかりきれいに整備されてしまっているので、若干整然としすぎている感もなきもあらずではありますが、
のんびりとお散歩するにはいい場所です。
一眼レフのカメラを持ってあちこち撮影している人や、
ウェディングドレスを着て撮影している人も。
映画のロケにも使われたそうです。

f0002265_847822.jpg

[PR]
by Giovanni12 | 2014-04-06 08:54 | Taipei | Comments(2)

台北2日目。
本日最初の目的地は龍山寺。

f0002265_637559.jpg


あまりにベタではありますが、母も叔母も行ったことなかったし、
わたしも初台北のときには行ったものの、そのときはちょうど修復中だったのでちゃんと見ていなかったので、
台北で一番有名なお寺にお参りするのもいいかなと思い。

f0002265_6401646.jpg


日本のお寺とは違い、鮮やかな色使い。
詫び寂びを追及する日本のお寺も好きだけど、それとはちがう台湾やアジアのお寺も嫌いじゃない。
この街に、渋いお寺は似合わないもの。

f0002265_6431043.jpg


午前中の割と早い時間できたが、お参りする人でいっぱいでした。
お線香をもって、決められた順に回ります。
特にお願いしたいところでは何本もお線香を供えて念入りにお願いするようです。
わたしもお参りする人たちにならって、順番にお線香を供えて参ってみたのですが、
要領がよくわからなかったので、前にいた男性のあとくっついてマネしてたら、
その男性、どうやら赤ちゃんが生まれたばかりで、赤ちゃんの健やかな成長をお願いするところで2本お線香を供えていたのでした。
わたしはそれまでマネしていたので、縁結びのところでお線香がなくなっちゃった。
まあ、縁結びのとこはいいか(笑)

f0002265_6553814.jpg


お天気も最高、次の目的地へ向かいます。
[PR]
by Giovanni12 | 2014-03-23 07:02 | Taipei | Comments(2)