タイ南部海鮮料理

「サムイ島で一番客の多い海鮮タイ料理店。タクシー代を出しても行く価値あり。」という情報を得て、
せっかくなので行ってみることにしました。
お店の場所はラマイビーチ。わたしたちが滞在するチャウエンビーチから、タクシーで20分ぐらい(だったかな?)、けっこう走りました。
むかったお店はタイ南部海鮮料理のレストラン、サビアンレー。
地元の人で毎日賑わうお店、ということだったので、食堂っぽい質素なお店なのかと思っていたら、
半オープンエアーのけっこう雰囲気もよいすてきなお店でした。

オススメメニューということでいただいたのは、
f0002265_22181391.jpg
カキのスパイシーサラダ。
バンコクの中華街で食べたカキのヤムを想像していたのですが、ちょっとちがってました。
カキのヤムよりももっとこってりしたかんじ。カキの新鮮で美味しいです。
が、これだけの量のカキ(写真はボケていてどれがカキなのかよくわかりませんが、大量のカキだったのです・・・)、しかもかなりこってり味で、二人で食べきるのは無理でした。
f0002265_22222078.jpg
これはプーバッポンカレー、カニの卵和えカレーパウダー炒めです。
これもカニがたっぷり入って美味しかったですが、カニは食べるのがね~。(だったら頼むなってところですが・・・)
他にも青菜炒めやらなんやら頼みましたが、お店が暗くてボケた写真しかないので、省略。

どういうのが南部料理なのかよくわかからないのですが、東北地方の料理に比べて、こってり目の味付け?という印象でした。
これはこれで美味しいですね。
しかも、二人でたしか600バーツぐらいではなかったかと。(もちろんビールを含んで)
物価の高いチャウエンビーチではありえないお値段です。
なんとチャウエンビーチからの往復タクシー代よりも安いです。(タクシー代は往復で800バーツでした。けっこう走ったから、タクシー代もそれほど高くはないと思います。)
でも、すてきなお店だし、安くて美味しいので、「タクシー代出しても行く価値あり」、は納得かな。

Sabeinglae(サビアンレー)
438/82 Moo 1,T.Maret
tel:081-538 7045
[PR]
by giovanni12 | 2009-12-27 22:39 | Samui | Comments(2)

午前中いっぱいホテルの前のビーチでひたすらゴロゴロしたあとは、お昼ごはんへ。
ふつうのタイ料理が食べたいんだけど、チャウエンビーチロードには以外にタイ料理屋が少ない。
タイ料理のメニューがあるこぎれいなレストランはそれなりにあるのだけど、
いわゆる「食堂」風のお店はあんまりないのです。
偶然にもホテルの斜め向かいに食堂風のお店があったので、入ってみました。
f0002265_22275411.jpg

入口のところで作ってくれます。
頼んだものは、
f0002265_22314189.jpg
f0002265_22315777.jpg
f0002265_22321346.jpg
肉野菜炒めと、パッタイとチャーハン。
肉野菜炒めは赤いの入ってるけど、そんなに辛くなくて、食べやすくておいしかったです。
白いごはんがほしくなりました。
パッタイはちょっと甘かったけど、大きなプリプリのエビがいっぱい入っていて満足。
チャーハンは記憶にないですが、普通に美味しかったかと。
お店のつくりもこんなかんじなので、チャウエンビーチロードに面したお店にしては、とってもリーズナブルでした。

ところで、
[PR]
by giovanni12 | 2009-12-08 22:40 | Samui | Comments(4)

朝からお昼寝・・・

リゾートでの過ごし方。
朝起きるのは早い。
夜の寝るのが早いせいもあるんだろうけど、朝はけっこう早くに目がさめてしまう。
でもあんまり早く朝ごはんに行くと、ガラガラで寂しいので、しばらくはうだうだしながら、ゆっくり準備して(準備ったって、朝ごはんに行くときは化粧もなんにもしないので着替えるだけだけど・・・)、8時ごろ朝ごはん。
朝ごはんを食べて、部屋に戻り、ビーチもしくはプールサイドでごろごろするための準備をして、水着に着替えてビーチもしくはプールサイドへ。
気に入った場所のデッキチェアを陣取って、本でも読もうかなぁと思いながらも、暑くてどうも本に集中できず、どっちかというと、まわりの人々の観察をしながら(笑)、気がつくとうとうと(時に爆睡)。
あんまり暑いときはプールで体を冷やすため、ちょっとだけ泳いだりして、午前中を過ごす。
お昼ごろ、そろそランチを食べないといけないし(朝ごはんたっぷり食べ、どう考えてもまったくカロリー消費していないのにランチを食べるのもどうかとおもうのですが、相方によると「昼になったら昼ごはんを食べる」のは決まりらしいので)、これ以上いると黒コゲになりそうなので、撤収。
部屋に戻ってシャワーをあびて、ランチを食べに街へ。
ランチの後は、ちょっと街をぶらぶらして、買い物したり、お茶したり。
夕方ホテルにもどって、ひとやすみしたら、再び夕ごはんを食べに街へ繰り出す。
夕ごはんを食べたあとは、夜遊びしないでホテルに戻り、ゆっくりお風呂に入って、おやすみなさい。
そうだとは思ってたけど、こうして書いてみると、ほんとうに寝てるか食べてるか、どっちかだ・・・。

この日の午前中も、何の予定もなかったのでホテルのビーチで過ごす。
f0002265_21373195.jpg

この日もチャウエンビーチは風もなく、静か。
静かな遠浅の海をぼーっと眺めているうちに、やはりいつしか夢の中。
朝でもお昼寝っていうのか。
f0002265_21414658.jpg
朝から何してんだか、と思われてるかな・・・。
[PR]
by giovanni12 | 2009-11-28 21:53 | Samui | Comments(6)

Samui Seafood

食べ物の話題ばっかりで、なんだか食べ物ブログ化してますが、今日もやっぱり食べるです。

ナンユアン島シュノーケリングツアーから戻り、一休みして、本日のディナーを何にするか決めないと。
チャウエン通りをぶらぶらしながら、適当なお店を探そうかと思ってホテルを出たものの、
なんとなくだるーいかんじだったので(帰りの船&車内でも爆睡してたんですけどね~)、
ホテルの向い側にあるレストラン、Samui Seafood Grill & Restaurantで食べることに。
(このレストランも実はMuang Samui Spa & Resortのレストランです。)
入口にはフレッシュな魚が並んでいる、ちょっとジャングルちっくなセミオープンのおしゃれなシーフードレストランです。
店内の雰囲気もとっても素敵で、どうせならもうちょっとおしゃれしてくればよかったと、ちょっと後悔。
(レストランはカジュアルでもまったく問題ありません。)

食べたものはこんなの。(店内暗くて、写真がすべてブレてます・・・。)

まずは生牡蠣。サムイで獲れるそうです。
f0002265_22194819.jpg
巨大です。巨大なだけあって、若干の大味感は否めませんが、普通に美味しかったです。
生牡蠣のあのツルっとした食感、大好きです。
生牡蠣はちょっと恐い気もしましたが、まったく問題ありませんでした。

ソムタム(かな?たぶん・・・)
f0002265_22232547.jpg
どんだけソムタム頼めば気が済むんだ・・・と言われそうですが、この日もしっかり頼んでました。
写真見て思い出しました。
そんなんなので味は記憶がありませんが、こちらも普通に美味しかったです。

料理名はわかりませんが、鶏肉の甘酢あんかけ
f0002265_22255244.jpg
なぜにシーフードレストランで肉を頼んだのかは自分でもわかりませんが、このときはそういう気分だったのでしょう・・・。
味は見たとおり、想像どおりの味でした。酢豚の鶏肉バージョンっていうところでしょうか。

イカの胡椒炒め
f0002265_2228735.jpg
イカは柔らかくて美味しいです。ピリッと効いた胡椒も食欲をそそります。

チャウエン通りの中心地にあるおしゃれなレストランなので、お値段もそれなりだし、お料理も感動するほど美味しいっていうわけではありませんが、味は悪くはないと思うし、場所の便利さや、お店の雰囲気、サービスなどトータルで考えれば、けっこうおすすめではないかと思います。(お値段はメニューにもよるとは思いますが、上のお料理と飲み物で5000円くらいだったかと。二人で5000円なら高くないよね。もうちょっと奮発してもよかったな~。)

Samui Seafood Grill & Restaurant
13/1 Moo2, Chaweng Beach
oepn/12:00-23:30
[PR]
by giovanni12 | 2009-11-25 22:50 | Samui | Comments(4)

ナンユアン島へ~その3

帰りの集合時間まであと30分ぐらいになったので、島全体が見下ろせるというビューポイントに行ってみることにしました。


小屋(別荘?コテージ?)が何軒かあって、その間に木で歩道が作ってあります。
最初のうちはたいしたことありませんが
f0002265_21414126.jpg
だんだんと急になり、しかもところどころ木がはずれていてかなりガタガタ
f0002265_21421960.jpg
さらにかなり急になり
f0002265_214303.jpg
最後は岩をよじのぼります。
そしてその先に見えたのは、


言葉はいらない・・・
[PR]
by giovanni12 | 2009-10-30 21:56 | Samui | Comments(4)

ナンユアン島へ~その2

ナンユアン島は国立公園に指定されていて、保護地域になっています。
なので、島に上陸するには入島料が必要、ペットボトルや缶は持ち込み禁止、島の施設は必要最低限しかありません。(トイレはあるけど、更衣室はなし、水も貴重なので真水のシャワーは有料、レンタルのタオルとかもなし)

上陸後、簡単な説明と注意事項をきいて、さっそくビーチへ。
真っ白な砂の上に申し訳程度のパラソルとデッキチェアが並んでいます。パラソル&デッキチェアも有料。
f0002265_20203919.jpg
ここでごろごろしてたら焼け死にそうだったので、さっそくシュノーケル。
珊瑚もありましたが、ため息がでるような色あざやかな・・・とはいきません。
それでも、ところどことろには青や赤や紫の珊瑚をみることができました。
魚はいっぱいいます。
餌付けもされていて、前もって配られたパンをちぎってまくと、ものすごい勢いで魚が集まってきて、魚に襲われました・・・。(爆)
水中カメラじゃないのであんまりきれいにとれていないけど、こんなかんじ。
f0002265_20263587.jpg
f0002265_20264612.jpg


ひとしきりシュノーケルを楽しんでちょっと休憩したあとは、早めのランチへ。(早く行かないと食べる物もなくなるし、外の席しかなくなって暑くて死にます!といわれたので)
ビュッフェでした。
f0002265_20292528.jpg
種類は少なかったけど、お味はまあまあでした。

午後は再びシュノーケルをしたり、ちょっとまどろんでみたりして過ごします。
気がつくと、大変なことに・・・。
腕は真っ黒、太ももの裏とお尻の上も真っ黒(シュノーケル中に焼けたと思われます。)、当然顔も真っ黒(滝汗)
まあ、ここで焼けずに過ごすこと自体不可能ということで。
f0002265_20364728.jpg


To be continued...
[PR]
by giovanni12 | 2009-10-29 20:50 | Samui | Comments(2)

ナンユアン島へ~その1

サムイ島での6日間、特に何をする、どこに行くという目的もなく、予定も決めず、情報収集もたいしてしていなかったのですが、唯一行こうと決めて日本で予約をいれていたのが、シュノーケリングツアー。
これも、ダイビングにするかシュノーケリングにするかで最後まで迷ったのですが、
久しぶりに潜ってみたいという気持ちはあったのですが、もう10年以上も潜ってないのでかなり不安だし、何せ耳抜きが苦手なもので、ダイビングにも心ひかれながらも、結局シュノーケリングにしました。
サムイ島からのシュノーケリングツアーはいくつかありますが、メインはタオ島とナンユアン島です。
タオ島とナンユアン島両方に行くツアーもありましたが、ナンユアン島のが一番サンゴの状態もいいということだったので、ナンユアン島のみのツアーに申し込みました。

ホテルへのお迎えは7時から7時15分の間といわれましたが、ホテルの朝食は6時半からだったので(やっぱりシュノーケルツアーやダイビングツアーに行くお客さんも多いのかしらね。)、準備を全部してからささっと朝食をいただくことができました。(・・・どんなに時間が早くても、何があっても、絶対朝食は食べたい人なので。)

ホテルから船がでるLomprayah Pierまで30分ぐらい。
途中、何軒かホテルを回りピックアップしていきます。
まずは受付をします。
f0002265_2125449.jpg
すでにけっこうに人数が船に乗るのを待っていました。
ようやく船に乗り込みます。
f0002265_21282841.jpg
スピードボートで行くツアーもありましたが、今回はこの大型船で行くツアーにしました。スピードボートだと30分ぐらい早くつくのですが、時間よりもやはり快適さということで。
f0002265_21312747.jpg
船は満席でした。ツアーを頼んだ代理店の方がちゃんと席をとっておいてくれたのでよかったですが、ぼやぼやしてたら席がなくなっちゃいそうなくらいの混みようです。
この日がたまたま混んでいたのか、これが普通なのかは不明ですが、少なくとも日本人がこんなに多いことはめったにないそうです。シルバーウィーク中でしたからね。
とにかく混んでいたので、船の中をうろうろしたり、甲板に出て海をみたりすることもできず、1時間45分ひたすら爆睡でした。
タオ島を経由して(多分です。)、ナンユアン島が見えてきました。
f0002265_21393918.jpg
桟橋に船が着き、いよいよナンユアン島に上陸します。
f0002265_21525382.jpg
おおっ、なんて海がきれいなの!


To be continued...
[PR]
by giovanni12 | 2009-10-25 21:54 | Samui | Comments(0)

サムイでもイサーン料理

ディナーのために向かった目的のお店は、Tum Zaap(タム・サープ)というイサーン料理のお店。
なにもサムイに来てまでイサーン料理たべなくっても(しかも最初のディナーに)、とは思ったけれど、
どうしてもソムタムが食べたいきぶんだったので。
お店の場所はサムイで一番大きなスーパーロータスの近く(近くといってもロータスから7~8分ぐらいかかったと思うけど)。
けっこう大きなお店なので、わりとすぐにわかりました。
f0002265_21145099.jpg
お店はセミ・オープンエアというか、屋根はあるけど壁はないです。席数もけっこうあって、広くてこぎれいなお店でした。満席ではなかったけれどそこそこ埋まっていました。

食べたもの。いつもいつもワンパターンですが。
f0002265_2118576.jpg
ソムタム。やっぱり美味しい~♪青パパイヤの歯ごたえが好き。ライムの酸味を食欲をそそります。辛さはどうだったか、すでに記憶がないです・・・。(汗)
f0002265_21192928.jpg
ガイヤーン。皮がもうちょっとパリッとしてるほうが好きかな。でも美味しかったです。
f0002265_21225097.jpg
これはたぶんトートマンプラー?(写真みて指さして頼んだので)
揚げたて、熱々が美味しい。日本で揚げ物を食べることはあまりないのですが、タイではついついトートマンプラーかコートマンクンを頼んでしまします。

このお店、チャウエンビーチから歩けるぐらいのところにあるともっといいのになぁ。
チャウエンビーチから行くときはタクシーに乗ってください。歩いていこうなどと馬鹿なことは考えないように。(そんなこと考えるのわたしだけか・・・)
帰りは素直にお店の前からタクシーに乗りました。チャウエンビーチまで10~15分ぐらい、確か200バーツ払いました。


Tum Zaap
74/18 Moo6.T.Bo Phut
open:11:00-24:00
[PR]
by giovanni12 | 2009-10-21 21:57 | Samui | Comments(6)

サムイの交通事情

初めての土地、どこに行くにも距離感がわからなくて、どうやって行くか悩みます。
サムイ最初の夕ごはんに選んだお店は、サムイでいちばん大きなスーパーであるロータスの近くのお店でした。
さて、どうやっていこうか・・・。
サムイ島での移動手段は、歩き、タクシー、バイクタクシー、ソンテウと小さな乗り合いバスみたいなの(ベモみたいの)、レンタカー、レンタバイク、レンタサイクル。
レンタカー、レンタバイク、レンタサイクルはないので、歩きかタクシーかソンテウ。
タクシーもソンテウも交渉制です。
もともと、タクシーに乗るのあんまり好きじゃないのに、そのうえ交渉制ってなるとついつい敬遠してしまいます。チャウエンビーチからロータスまで地図をみると2~3キロぐらい?
そのくらいなら余裕で歩けるかなーと思い、日も沈み涼しくなった頃、ぶらぶらとホテルを出かけました。
チャウエンロードをはずれても、しばらくはお店がならびます。
f0002265_21583218.jpg
逆にチャウエンロードをはずれたほうが、地元のタイ人が行くようなお店や屋台が並んでいます。ただ、一気にタイ語率高しです。
しばらくはこんな道が続いてよかったのですが、そのうちだんだんとお店もなくなり、なんだか街灯も暗くなり、どのあたりまで来たのかいまいちよくわからないし、当然人もほとんど歩いていなく、なんだかかなり寂しいことに・・・。
ロータスまで歩いていこうというのは、どうやらかなり無謀な試みであったことにここで気づきました。
昼間ならともかく、このチャウエンビーチからロータスまでの道を日が暮れてから歩くのはまったくおすすめできません。(昼間も暑いのでおすすめできませんが・・・)
30~40分ぐらい歩いたところで、ソンテウが止まりました。
ここまで歩いて、たぶんもうあとちょっとのはずなのに、ここでソンテウに乗るのもなーと思いましたが、歩いていてもあまり楽しい道じゃなかったので、素直にソンテウに乗りました。
乗ってからもロータスまでけっこうありました。やっぱり乗ってよかった・・・。
ソンテウ、乗ってみるとけっこういいかんじです。乗る前に行きたい方向を運転手に行って、値段の交渉をして乗り込みます。
別の日の昼間に乗ったソンテウからの景色はこんなかんじ。
f0002265_22121817.jpg


ちなみに、サムイ島のタクシー料金、かなり高めです。
東京ほどではなけれど、ちょっと乗っただけでもすぐ5~600円になっちゃうし。バンコクのタクシー料金の安さを考えるとありえないくらい高いのですが、考えてみればここでタクシーに乗るのなんて観光客しかいないんだから、高くてもしかたないんだろうな。
ソンテウも安くはないです。チャウエンビーチ内ならだいたい20バーツ(60円ぐらい)。
でもタクシーよりは安いし、いっぱい走ってるので、チャウエン内の移動には便利です。
[PR]
by giovanni12 | 2009-10-18 18:43 | Samui | Comments(2)

サムイでインド

これ以上ビーチでごろごろしていると初日から黒コゲになりそうだし、そろそろお昼ごはんも食べないといけないので、今日のところはひとまず撤収。
シャワーをあびてチャウエンの街にでかけます。
昼間のチャウエンロード、人もまばらで静かです。
f0002265_20255853.jpg
なぜならば、とっても暑いから!
お店も開いてはいるけれど、開店休業状態。お店の人も昼休みモード。
ランチタイムをすでにだいぶまわっていたせいもあり、レストランも準備中になってたり、ドリンクのみだったり。
そんなんで、しかたないのでとりあえず開いてるお店へ。
f0002265_20301445.jpg
入ったのは、スーパーマーケットTOPSのそばにあったインド料理のお店でした。
メニューをみてもいまひとつお料理のイメージがわかなかったので、てきとうにカレー(と思われるもの)とナンを注文。
f0002265_203285.jpg
f0002265_20323134.jpg
野菜のカレーみたいなのと、もう1品は、忘れました・・・。
あんまり期待していなかったのですが、けっこういけました。
全然辛くはなかったけれど、ちょっとパサパサしたナンに水分大目のカレーがよくあって、じゃがいもやらトマトやら野菜もいっぱい入っていて、なかなか美味しかったです。

お店の場所はチャウエンロードからTOPSに曲がる道の、TOPSの手前です。
お店の名前は不明。
お店の前に洋服屋の看板が立っているのも不明。店の奥は洋服屋だったのか・・・?
[PR]
by giovanni12 | 2009-10-15 20:42 | Samui | Comments(2)