f0002265_11394828.jpg


マリーナ・ベイ・サンズの向こうの海側にある植物園、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ。
フラトンから歩いて行ったら、けっこう遠かった。
MRTベイ・フロント駅(サークル線)から地下通路で直結しています。
とにかく広くて(それでも、まだまだ拡大中なのかな?)、
いろんなエリアに分かれていて、巨大なドームがいくつかあります。
植物園自体は無料で入場できますが、巨大な温室のフラワードームや、
室内に滝があるクラウド・フォレストなんかに入るには、別途入場料が必要です。
あんまり時間がなかったので、とりあえず外を散策。

f0002265_11471322.jpg
f0002265_11472957.jpg
f0002265_11474269.jpg
f0002265_1148128.jpg


植物園なのであたりまえですが、いろんなお花が咲いていました。
宙に浮いているようにみえる巨大な赤ちゃんのオブジェも。

f0002265_11501099.jpg


散歩するにはとてもいいところだと思いますが、何せシンガポール暑いので・・・。
でも、緑と水がある分、街中よりはいいかな~。
いずれにせよ、水分補給を忘れずに。
[PR]
by Giovanni12 | 2014-10-26 11:55 | Singapore | Comments(0)

食べ物しかないのか、と言われそうですが。
その4もやっぱり食べ物、カヤトーストです。

カヤトーストとは、シンガポールの朝食やおやつとして定番的なメニューで、
カリカリに焼いた薄いパンに、カヤジャムとスライスチーズのような厚さのバターをたっぷり挟んであります。
カヤジャムは、卵とココナッツミルクおよびパンダンリーフ(香り付けの葉)と砂糖から作られたもの、だそうです。

シンガポールに到着したのが早朝で、ホテルの部屋にもまだ入れず、
お店もまだやってないし、することないので、とりあえず本日2回目の朝ごはんを食べることに。
(1回目は飛行機の中)

目指したのはカヤトーストの有名店、ヤ・クン・カヤトースト。
フラトンから歩いて行けそうだったので、散歩がてらぶらぶらと。

f0002265_10315852.jpg


フードコートの中にあるかのかと勝手に思っていたら思ったら、そうではなく、
通りに面した広場にあるちょっとレトロな雰囲気のかわいらしいお店でした。

f0002265_1034230.jpg


f0002265_10341328.jpg


半熟卵と甘いコヒーとセットで食べるのが定番のようです。
ふだんトーストは厚めのほうが好きだけど、これは薄くてカリカリのところがポイントなのかも。
寝不足でボケた頭に糖分補給は効果あり。
少しシャキッとなったところで、シンガポールの街のようすでもみにいくとしますか。

ちなみに、今回のおともは、

f0002265_10395953.jpg


チビスヌです、ゆきだるま持ってるのは気にしないで・・・


ヤ・クン・カヤトースト(Ya Kun Toast)

ファーイーストスクエア店
18 China Street #01-01 Far East Square
[PR]
by Giovanni12 | 2014-09-23 10:46 | Singapore | Comments(6)

シンガポールといえば、チリクラブ(?)なのかどうかはよくわかりませんが、
持っていた「るるぶ」に大きく出てたので、これはいくべきかと思い、食べに行ってみました。

f0002265_21504972.jpg


川沿いにある、RED HOUSE(小紅楼)というお店に伺いました。
チャイナタウンにほど近いところに位置していますが、ホテルから河沿いをずっと上がっていきました。
ゆっくり歩いて30分ぐらいだったかな。
オープンエアのカジュアルな雰囲気のお店でした。

けっこういろんなメニューがあったけど、とりあえずチリクラブ。

f0002265_21555012.jpg


どうも、この写真はあまりそそりませんが、蟹たっぷり入っています。
とても美味しかったですが、想像どおりの味で、驚きはないかな。
右上にちょこっと写ってる燻製卵みたいなやつがチリクラブといっしょに食べる揚げパンなのですが、
この揚げパン美味しかった~。
チリクラブのソースをつけて食べるともちろん美味なのですが、
そのまま食べてもほんのり甘くて美味しい。
チリクラブも美味しいですが、それより感動したのはこれ。

f0002265_2253487.jpg


マテ貝です。
このマテ貝、すごーく美味しかったー。これはぜひまた食べたいです。
貝って美味しいですね。

定番の空芯菜炒めも食べました。

f0002265_2284918.jpg


他にも食べてみたいお料理はあったけれど、いかんせん二人ではいろんな種類を食べるのは無理で、
いつもそれが残念です。


RED HOUSE(小紅楼)
60 Robertson Quay
#01-13/14 The Quayside Singapore 238252
Tel:6735-7666
[PR]
by Giovanni12 | 2014-09-15 22:17 | Singapore | Comments(4)

シンガポールに来たら、ぜったい食べたいと思っていたチキンライス。
チキンライスが食べられるお店はたくさんありますが、
まずは一番の有名店で。

f0002265_23165535.jpg


チャイナタウンにほど近いマックスウェル・フード・センター内にあるチキンライスの人気店、
天天海南鶏飯(ティエン・ティエン・ハイナニーズ・チキン・ライス)
確かに噂どおりでした。

f0002265_23124376.jpg


すでに、すごい行列。行列は外まで続いていました。
それでも待つこと15分くらいだったでしょうか、ようやく買うことができました。

f0002265_23164082.jpg


鶏がしっとりで柔らかく美味しいです。
レストランでもチキンライスを出しているお店はいっぱいあるようですが、
こういうのはやっぱり屋台のようなところでたべるほうが美味しいような気がします。
タイのカオマンガイに似ているけれど、タレがちがうかな。
[PR]
by Giovanni12 | 2014-09-10 23:28 | Singapore | Comments(6)

シンガポールのこと、あんまりよく調べもせず、よく知らないまま行ったのですが、
(去年行くつもりになったときに買った「るるぶ」をさらっと斜め読み・・・)
マーライオンぐらいはわたしでも知ってる。

あまりにもいろんな人が世界3大がっかりだというので、
どんだけがっかりなものなのか、ある意味期待していましたが、

f0002265_1194689.jpg


シンガポールの夜景にうかぶマーライオンは思いのほか絵になっていて、
確かによく考えるとふしぎな光景ではあるけれど、
見ているときはまったく違和感もなく、なかなかの夜景スポットでした。
マーライオンの後ろの右側に写っているのが泊まっていたホテル、フラトンです。

マーライオンを背中からみると、マリーナが一望でき、

f0002265_11131572.jpg


こちらも、なかなかの景色。


そして、極めつけは、やっぱりこれじゃない。

f0002265_11132513.jpg


マリーナ・ベイ・サンズとマーライオン。
これはこれでかなり絵になる景色でした。


そういえば、マーライオンっていったい何者なのかと思ったら、
上半身がライオンで下半身は人魚、マーライオンの「マー」はマーメイドの「マー」なんですね。
[PR]
by Giovanni12 | 2014-08-31 11:21 | Singapore | Comments(0)

フラトンの朝食は、1階のレストランでもビュッフェです。
ちょっとピンボケですが、こんなかんじです。(食べ物が並んでる写真撮るんだった・・・)

f0002265_22242328.jpg


写真の右側がガラス張りになっていて、外の席もあります。
外の席は川沿いです。
(この日は朝は大雨だったので、外はなし)

お料理は、洋食、中華、和食といろいろそろっていました。
いろいろあると、なんとなく見ているだけでワクワクして嬉しくなってしまう。
といいつつ・・・、

f0002265_22295746.jpg


さんざんぐるぐる回ったあげく、結局いつも同じようなもの選んでます。
卵料理はどうしてもオムレツよりも目玉焼きを頼んでしまう。
パンが美味しかった。
この日はさらに第2弾もいってました。

f0002265_22322798.jpg


ワッフルにはやっぱりホイップクリームが欲しかったなー。(探したけどなかった)
いや、朝からカロリー取り過ぎでしょう。


別の日の朝ごはん。

f0002265_22364134.jpg


この日はちょっと控え目にしました。卵も目玉焼きじゃなくて、温泉たまご。
ここのパン、ほんと美味しい。買って帰りたいくらいでした。
プラス、ヨーグルトとフルーツです。

いつものせわしない朝ごはんとはちがい、のんびりゆっくり食べる旅先の朝ごはん、
大好きな時間です。
でも、ついつい食べ過ぎてしまう。
[PR]
by Giovanni12 | 2014-08-25 22:47 | Singapore | Comments(2)

Swimming Pool@Fullerton

シンガポールのホテル選びでプールがあるホテルが条件だったのは、
去年買った水着がまだ一度も着れていなくて、どうしても着たかったから。
プールに関していえば、フラトンは少しものたりないかんじでしたが、まあ、しかたない。

プールは2階にあります。

f0002265_1802639.jpg


f0002265_185797.jpg


もともとホテルとして建てられた建物ではないので、若干無理やり作った感はありますが、
それにしてはなかなかフォトジェニックじゃないかと。
ただ、狭いです。
プール自体も横幅は5メートルぐらい?だし、縦も20メートルないぐらいだと思う。
プールサイドも狭いです。
でも、ちゃんと大きなパラソルとベッドがあるし、ミネラルウォーターを持ってきてくれるし、
なかなか快適です。

f0002265_1895380.jpg


前のベッドとの距離、けっこう近いです。
が、やっと水着が着られて、満足。
[PR]
by Giovanni12 | 2014-08-24 18:14 | Singapore | Comments(2)

フラトンは1928年に建てられた建物ですが、
もともとホテルとして建設されたわけではなく、ホテルとして開業される直前は中央郵便局だったそうです。
ほんとうに素敵な外観で、確かに近未来的なマリーナ・ベイ・サンズもワクワク感をそそる建物でではあるけれど、好みとしては絶対的にこちら。
バンコクのグランド・ハイアットもかなり好きですが、フラトン、めちゃくちゃ気にってしまいました。

f0002265_11453574.jpg


この河沿いから見る姿、ほんとうに美しくてうっとりです。

予約したお部屋はキールーム。
一番したのカテゴリーのコートヤードルームだと、たぶん内側に面していて、内側に窓があるお部屋だと思います。
窓から見える景色は、マリーナ側とリバーサイド側があって、アサインされたお部屋はリバーサイド側でした。
わたしはどちらでもよかったので、特にリクエストはしていなかったのですが、
マリーナ側がいい場合はリクエストしておいたほうがいいと思います。

f0002265_12162446.jpg


大きな窓からはマリーナは見えませんが、川が見えます。
マリーナサイドに比べるとかなり地味なかんじはしますが、これはこれで悪くないと思います。
お部屋は広かったです。
ホテルとして建てた建物ではないので、部屋によって大きさがまちまち、ということでしたが、
このお部屋が広かったのは、最低でもこんなもんなのかよくわかりませんが、二人で体操してもぶつからないぐらいの広さはありました。

f0002265_12201364.jpg


f0002265_1220506.jpg


f0002265_12221776.jpg


バスルームもゆったり。
大きなバスタブとレインシャワーもできる(もちろんハンドシャワーもあり)シャワーブースがあり、
お湯の出も、温度も、排水もまったく問題なし。
シンクがシングルで洗面台はちょっと狭いですが、不便というほどでもありません。

どうもわたしのカメラの腕前では、このお部屋のすてきなところが一向に伝わってきませんが、
センスよくまとまった、居心地のよいすてきなお部屋でした。
[PR]
by Giovanni12 | 2014-08-17 12:29 | Singapore | Comments(0)

ホテル選び@Singapore

夏休みにはまだ早いけれど、どうしてもどこかに行きたくなって、
7月のはじめにシンガポールに行ってきました。
シンガポールには行ったことがなくて、去年の夏に行こうと思ったのですが、
結局スケジュールがどうにもならず断念。
なので、1年越しも思いが実ったというわけです。
行く、と決めたらまずはホテル。ホテル選び重要です。
わたしの条件は、
・交通の便がいいところ(駅が近い)
・プールでのんびりできる
・お部屋の広さは40㎡以上
(あとは、もちろん予算!)

今シンガポールに行くなら、やっぱり第一候補はマリーナ・ベイ・サンズですかね~。
わたしの条件はほぼ満たしているしようだし、確かにあのプールに行ってみたい、という気持ちはありましたが、うーん・・・。
あとは、セントーサ島のホテルっていうのも考えましたが、
初めてのシンガポールで、街歩きも楽しみたかったので、やはり街中のホテルに。
リッツカールトンとか、シャングリラとかマンダリン・オリエンタルとか、
魅力的なホテルはいっぱいあり悩みましたが、最終的に決めたのはこのホテル

f0002265_953462.jpg


このホテル、予想以上に素敵で、何もかもわたしの好みでした。
このホテルに泊まるためだけでも、またシンガポールに行きたい、と思うくらいです。
ほんと、今すぐにでも再訪したくらいです。
[PR]
by Giovanni12 | 2014-08-16 09:59 | Singapore | Comments(2)