90センチ

90センチ。
キッチンカウンターの高さです。
リフォーム前は85センチ。
ごくごく一般的な高さだと思いますが、身長170センチのわたしにはちょっと低かった。
なので、90センチにしました。
この5センチの差ってけっこう大きい。
カウンター上の作業はそれほどでもないけれど、
洗い物をするときの腰への負担、全然違います。水はねも少なくなるし。
ただ、当然と言えば当然ですが、ガス台も5センチ高くなるので、
深い鍋をかき混ぜるのがちょっとやりにくいかも。
でもそれを差し引いても5センチあげたほうが全然快適。

f0002265_11565672.jpg

[PR]
by Giovanni12 | 2017-04-02 11:58 | My home | Comments(2)

キッチンはLIXILのシステムキッチン、リシェルです。
(CMでやってるのと同じです~)
特にこだわりはなかったのだけれど、ショールームでみたこのグレーのカウンタートップに一目惚れししまったのです。
行くまでは人造大理石のにしようと思ってたのですが、
これ見たら、もう絶対これが欲しい・・・と。

f0002265_1931043.jpg


これ、セラミックなのです。
熱い鍋を直接置いても大丈夫らしい。
まぁ、機能で決めたわけではなく、見た目に惚れただけなんですけどね。
大した料理もしないくせに、猫に小判、豚に真珠ってやつです。

さぞ、料理にも熱が入るとおもいきや、汚すのがもったいなくて、
料理してる時間より、掃除してる時間のほうが長いかも。
[PR]
by Giovanni12 | 2017-01-21 20:00 | My home | Comments(0)

無垢材のフローリング

カーペット敷きの我が家をフローリングにするなら、
絶対、無垢材にしたいとリフォームを決める前からずっと思っていました。
リビングと和室をつなげて、ワンルームにしてフローリングにすると決め、床材探しをはじめました。
マンションなのでいろいろ制約もあり、かつ予算の都合も当然あり、
あまり選択肢がないなかで、ようやくこれならなんとか無垢材でいけそうというのにたどりつきました。
(床材というよりは、防音対策の問題で、無垢材だけ貼るというのができなかったもので)
どんな木にするかを決めるのはたいして時間はかかりませんでした。
(細かいことはあれこと悩むことが多いけど、大きいことは意外に悩まない性格なので・・・笑)
濃い色か薄い色かという選択肢では、
ウォールナットのような濃い茶色の床にして、バリやタイのリゾートホテルのような雰囲気にしたい、
という夢もありましたが、
いかんせん部屋が狭いので、そこはすっぱりあきらめ、
狭い部屋を少しで広く見せるなら薄い色の床だろうということで、
何種類かの小さな木片のサンプルをみて、ピピッときたのがホワイトアッシュ。
かなり白っぽいけれど、木目がとてもはっきりした木です。
小さなサンプルでは、部屋全体に敷いたイメージはわからなかったけれど、
なんとなくこれだ!と。
出来上がった我が家をみて、わたしの感性はまちがっていなかったと、大変満足しています。(笑)


f0002265_12391520.jpg


時間の経過とともにこの木がどんなふうに変化していくのかも、楽しみのひとつです。
[PR]
by Giovanni12 | 2017-01-08 12:45 | My home | Comments(4)