ELISA, LA MUSE

これを買ったあとも、しばらく悩んでいたけれど、
やっぱりどうしても欲しくて、買ってしまいました。
Elisa, la museのFusain(写真あんまりきれいじゃないけど)
色が違うだけで、こんなに雰囲気が違うのって、とても新鮮。
f0002265_1744559.jpg


「今週はよく働いたから(?)、買っちゃおう!」と決心してショップに行くと、
別なの(Asako, ou l'eveil des sens)も入荷してました。
カタログで見るより素敵だったので、とりあえずこちらも試着させてもらって、
つけてみると意外とシンプルでいいかんじで、ちょっと心動かされましたが、
いやいや、今日はやはりElisaを。
前回、パテッドを試着したときに、なんとなくわたしの色黒のお肌に合わない気がして白にしたので、それだけが気になっていたのですが、
1枚レースのものだと、パテッドほど気にならなかったので、まぁ、色白の人の方が似合うことは間違いないとは思いますが、よしとしました。
ボトムスは横の部分が2段になっているタンガに。うしろのリボンがかわいい。

いつまで眺めていても飽きない・・・、は大げさだけど、そのくらいかわいいです。
[PR]
by giovanni12 | 2007-10-27 17:18 | ランジェリー | Comments(4)

My Sweet Hotel in Bangkok

バンコクにはまだまだ泊まってみたいホテルやサービスアパートメントがたくさんあります。
日本ではとても手が出ないような、高級ホテルでも、バンコクならちょっとがんばればなんとかなりそうだし、日本の自分のお家よりも、かなり広くてきれいなサービスアパートメントに泊まるのもまた楽しく、選択肢があり過ぎていつも悩んでしまいます。
ま、こんな悩みなら、いつくあってもかまわないのですが。

今回のバンコク、またもホテルは悩みました。
前から気になっているホテルやSA(サービスアパートメント)もいくつかあるので、その中から決めるのが順当とは思ったのですが、今回滞在日数が3泊と短いので、やはりロケーション重視のうほうが何かと都合がよさそうだし、どうしても再訪したかったといこともあり、Grand Hyatt Erawn Bangkokにしました。

f0002265_9275826.jpg


このクラスのホテルなら、もっと新しいホテルや老舗ホテルもあるけれど、このホテルの雰囲気がとにかく大好きです。特に、この天井が高くて広々としたロビー、ほんとにすてきです。
それになんといっても場所が便利ですし。

f0002265_9284221.jpg

お部屋は、このクラスのホテルにしてはやや狭いです(グランド・ルーム:一番下のカテゴリーのお部屋だと思います。)が、広い窓と奥の壁一面の鏡のおかげで狭さをかんじさせないし、バスルームはゆったりしているし、町歩き中心に過ごすなら、じゅうぶんすぎるほどです。
(お部屋は前に泊まったときとまったく変わってませんでした。)

落ち着いた雰囲気のこのホテルが大好きです。
Sweetな思い出はまったくないけれど、それでも、My Sweet Hotel in Bangkok
[PR]
by giovanni12 | 2007-10-21 09:44 | Bangkok | Comments(2)

Je'Ngor(ジェー・ンゴー)という不思議な名前のレストラン。
f0002265_2194185.jpg

美味しいって教えてもらったので、前から行きたいと思っていたけれど、なかなか行けなくて、今回やっと行けた。
シーフードが美味しいという、タイ料理というよりはどちらかというと中華風のレストラン、いっても中華料理ともまた違うので、タイ風中華というところかしら。
お目当ては生のエビだったのだけれど、もう売り切れだった。
がっかり。
では、しかたがないので、ボイルしたエビ。
f0002265_2114289.jpg

このエビに、最初に出してくれた辛いタレにつけて食べると、最高。
エビ好きでよかった。

ガイドブックにオススメと書いてあったのは、シャコのガーリック揚げ。
シャコといえばお寿司屋さんのあのシャコしか知らない。
ああゆうのを揚げたのがでてくるのかなーと思ったら、ちがってた。
f0002265_21163018.jpg

写真ではまったくわからないけれど、日本寿司屋のシャコの10倍はあると思われる巨大なシャコがぶつ切りになって揚げてある。
これが、ガーリックがよくきいていてうまいのなんのって。
大味かと思ったらそんなことなくて、ほんのり甘くて、プリプリしていて、ロブスターに近いかんじ。

もう一皿。
f0002265_21205330.jpg

どうみても、グリーンのパスタにみえるが、実は野菜。
どんな野菜なのかは不明。
かなり繊維質。この歯ごたえがとてもよくて、味付けもすばらしく、これまたびっくりするほど美味しくて、感動。

ほんとに全部美味しかった。
絶対また行きたいお店がまたふえちゃった。


Je'Ngor Kitchen
Soi20, Skhmvit Rd.
BTSアソーク駅から歩くとちょっとある(といっても10分ちょっとぐらい)
℡ 0-2258-8008
[PR]
by giovanni12 | 2007-10-16 22:00 | Bangkok | Comments(6)

出会ってしまった・・・

f0002265_2212362.jpg
バンコクの昼下がり、特に目的もないままにサイアム・パラゴンをうろうろ。
Jimmy Chooの靴とバッグに心奪われながら、ダメダメ、靴は絶対わたしには無理だし、バッグも予算かなりオーバーだもの。
化粧品売り場をのぞき、でも成田で化粧品すでに買っちゃたし・・・。
あまり欲しいものないなぁ、と思いながらふと横のお店をみると、JO MALONE
わぁ、あこがれのJO MALONE、こんなところにお店あったんだ。
この前もテレビ見てたら、ニューヨークでは今男性が女性用のフレグランスをつけるのが流行ってるっていう話題をやってて、JO MALONEのお店が映ってた。

吸い込まれるように、店内へ。
お店のおにいさん(たぶん、オカマちゃん?)、とってもかんじがよくて、いろんな香りをためさせてくれた。
その中で、わたしがとっても気に入ったのが 'Blue Agava & Cacao' という香り。
爽やかなのに、甘いカカオの香りがするの。
そして、そのカカオの香りに重ねづけしてくれたのが、 'Pomegranate Noir'
重ねてつけると、また香りが変わる。甘くて、すっぱくて、爽やかで、でもこっくりしてて、言葉では言いあらわせない不思議な香り。
JO MALONE どうせ買うならやっぱり1種類ではもったいないよね。
重ねづけするようにブレンドされた香水だもの。
今買わなかったらきっと後悔する。
f0002265_2265362.jpg

でも、30mlの小さいやつにした。

Agavaはリュウゼツラン、Pomegranateはザクロだって。

ちなみに、1つ4,800バーツ、日本円で約8,400円。
けっこうなお値段、でも5%割引してくれたし、サンプルも2本ももらったし、
何よりも、この素敵な香りがわたしのものになったのだもの。
しあわせ。
[PR]
by giovanni12 | 2007-10-12 22:21 | My favorite | Comments(6)

一応、夏休みという名目でバンコクにいってきました。
もちろん、夏休みの計画がなかったわけではなく、夏休みといえば、やっぱリゾートでしょ、と思っていたのですが、相方の休みの目処がたたず、そうこうしているうちに、8月も終わり、9月になってしまいました。
ようやく、相方から「9月の終わりか10月のなら、なんとか休めそう」と言われ、バリに行きたいって思ったのですが、バリ人気復活のせいか、飛行機が思うようにあいてなくて、さらには今度はわたしの休みがあやしい状況に。
でも、やっぱり夏休みなしはあまりに寂しいので、それなら短期でバンコクに行こうと決心。
休みがとれそうなのが、3連休にくっつけて5日間がせいいっぱい。5日でリゾートもいけないわけではないけれど、なんだか消化不良起こしそうな気がしたので、ならば、バンコクで食、買、マッサージを楽しめばいいかと。
それなりに満足できた4日間でしたが、やっぱりあっというまに終わってしまいました。
一度でいいから、早く日本に帰りたい、と思うくらい滞在してみたいものだわ。

驚いたのは、成田がとっても混んでいたこと。3連休だったからなのか。
f0002265_18314978.jpg
チェックインカウンターはお盆のときより、GWのときより、年末年始のときより、混んでいました。
飛行機も行きも帰りもほぼ満席だったし。


それよりも、わたしも相方も、行く直前までほんとうに休みがとれるのかどうか予断を許さない状況が続き、旅立つ前のいつものウキウキ気分も盛り上がりにかけ、こんなに無理して行かなくても、という気にもなったりして・・・。
たかが5日間の休みがとれないとは、ばかばかしいやら、情けないやら。サラリーマンの辛いところです。

今回学んだこと
[PR]
by giovanni12 | 2007-10-10 18:44 | ひとりごと | Comments(6)

わすれもの

暑かった夏がようやく終わり、やっと秋がやってきた。
暑いのは得意のはずだったけど、あまりの暑さにいい加減嫌気がさし、
待ちに待った涼しい日々。
でも、何か足りない。
何かわすれものをしたような・・・、はてなんだろう。


そうだ、わたし、まだ夏休みをとってない!
わすれものをとりに、ほんのちょっとだけ暑いところへ戻ってきます。

f0002265_20162874.jpg


ほんとうに、ほんのちょっと・・・。
[PR]
by giovanni12 | 2007-10-05 23:17 | ひとりごと | Comments(8)

ようやく本調子?

ヨーロッパはサッカーシーズンに突入し、早1か月。
出だしはどうもいまひとつ調子がでなかったバルセロナ。
アンリはどうもタイミングがしっくりこないし、エトーは壊れちゃうし、負けはしないものの、思うように点がとれなくて(特にアウェイで・・・)、もどこかしい日々が続いたが、ここに来てようやく調子が出てきた。チャンピオンズ・リーグとリーガでただいま4連勝中。
とにかくメッシーが素晴らしい。
元々才能あふれるクラック(天才)。でも、ここにきてその非凡さにみがきがかかったよう。
まだ20歳、きっとこれからもっともっとうまくなる。いったいどこまでいくんだろうか。
でも、実はわたしはバルサの調子がよくなったのは、デコの調子がよくなったのだと思っている。
今のバルサは、監督のライカールトとそのライカールトの考えをピッチ上で実現するデコという選手のチームだとひそかに思っている。
だから、デコの調子がよければ、チームの調子はいいし、デコの調子が悪ければ、チームの調子も悪い。
単なるわたしの勝手な思い込みだけど、そんな気がしてる。
f0002265_21214848.jpg
ちなみにデコは一番左にいる選手。

ま、バルサのサッカーみるのに、そんな理屈は必要なくて、サッカーを楽しめればそれでいいの。
けが人が多いのだけが心配。特にディフェンダー陣。
今日もふたり負傷退場だったみたいだし、ディフェンスちょっとピンチかも。


やっと秋らしくなってきた。
そうなると、秋物の洋服が欲しいし、
秋物の靴も欲しい。ブーティも欲しいけど、やっぱりロングブーツの方が便利かしら。
秋色のメイクもしたくなる。
もちろん、美味しいものもたくさん。

散財の秋、食欲の秋、
ああ、秋は危険がいっぱい・・・。
[PR]
by giovanni12 | 2007-10-03 21:32 | FCbarcelona | Comments(6)