今年はエコ掃除

いつもは会社が30日まであるので、大掃除らしい大掃除ってほとんどできないのですが(すでに休みに入ってダンナに、会社からメールで指示を出すことはありますが・・・笑)、
今年は休みが早いので、大掃除できるかしら、なーんて思って、休みに入る前はけっこう意気込んでいたのですが、いかんせん、掃除きらいだったわ・・・。
でも、最近ちょっとマイブームなのが、エコ掃除。
地球にやさしいことはほとんどしていない毎日ですが、本屋さんでなんとなく手にとったお掃除の本、合成洗剤は使わずに、重曹、お酢などの自然の素材でお掃除するというもの。(本屋さんに行くと、似たような本がたっくさん並んでいます。)
試しに重曹を使ってみたところ、これが思いのほかよく落ちるんです。
今まで用途に合わせいろんな洗剤買ったり、思うようにきれいにならないので必要以上に洗剤使ったり、力入れてこすりすぎっちゃったりしてたのが、まったく愚かであったかのように、台所からバスルーム、トイレ、お部屋とどこでも使えるし、汚れがきれいに落ちるんですよね。
まさに目からウロコでした。
お掃除もラクラクだし、手あれの心配もあまりないし、その上地球にやさしいなんて、いいことづくめじゃない?

そんなわけで、今年はすべて重曹+クエン酸でお掃除すませました。
しつこい油汚れやカビも余裕です。

とはいうものの、気合が入っていたのは最初だけで、すでにもう掃除はいいかというきもちになっており、結局大掃除までにはとどかず、中掃除程度に終わりそうですが。

f0002265_20444632.jpg


今年もいろいろな方にたくさんのコメントいただりありがとうございました。
みなさま、よいお年を♪
[PR]
by giovanni12 | 2007-12-30 20:48 | ひとりごと | Comments(14)

肉肉の日

本年最後のミニ忘年会。
京橋の焼肉屋さんに連れて行ってもらいました。
創作焼肉なんですって。
このお店、なんとメニューがありません。
コースが1種類あるだけです。
f0002265_2245883.jpg

まずは前菜として、キムチやナムルその他いろいろ、それに韓国のり。
どれも美味しい♪

さて、メインのお肉は、
こんなお肉や、
f0002265_2210590.jpg

               お肉の横にあるのは油につかったニンニクです。
            しばらくこの状態にしておくと、そりゃあいい具合に揚がり、ホクホクでした。


こんなお肉や、
f0002265_22114414.jpg

          どっちかが肩のお肉でどっちかがお尻の上のほうのお肉・・・って言ってました。

こんなお肉が、
f0002265_22122479.jpg

                キムチといっしょに炒めます。

出てきて、
どれも霜降り具合がすばらしく、
口にいれるととろけました。
ほんとに美味しかったー!
他にも、霜降りの牛刺しや、豚肉もあり、そちらもうまいのなんって・・・!

こちらのお店、お肉はお店の方がすべて焼いてくれます。
この焼き加減がまた絶妙で、一番おいしい状態で食べれるのがとてもすてき。
ふだんは食べることもないような、あまりにみごとな霜降りのお肉だったので、
しゃべるのも忘れて、お肉を焼けるのをじーーーっと見入ってしまいました。

こんなにおいしいお肉のオンパレードのわりに、コースのお値段もいがいとリーズナブル。
美味しいものを食べるときって、なんでこんなにしあわせをかんじるのでしょうか。
[PR]
by giovanni12 | 2007-12-28 22:26 | いろいろ | Comments(4)

Marry Christmas!

待ちに待ったわりには、たいした予定もないクリスマス3連休。
いつもの週末と同じく、たまったお洗濯をして、年賀状をあせってつくり、
昨日は弟の家でクリスマス&忘年会ランチ。
そして、さっきバルセロナ対レアル・マドリーのクラシコを見終わりました。(・・・せっかく3時に起きて気合入っていたのに、今日はクリスマスプレゼントはもらえませんでした。ちょっとがっかり。)

今日は、クリスマスプレゼントでも買いに行こうかと思っているけれど、
何をもらうかまだ決めていません。
クリスマスイブのディナーは、うなぎを食べる予定。
前にも書いたけど、イタリアではクリスマスイブにうなぎを食べるらしいです。(確か、イブはお肉を食べてはいけないんですよね。)
なので、クリスチャンでもなんでもないけれど、イタリア人のまねっこして、ここ数年イブにはうなぎを食べることにしています。でも、蒲焼。

日本は忙しいですよね。
クリスマスが終わったら、すぐお正月の準備をしなければいけないので。
よその国なら、クリスマスの飾りがそのままニューイヤーの飾り、年があけてしばらくはクリスマスツリーやイルミネーションもそのままです。
せっかくのキラキラしたクリスマスの飾り、できればもうちょっと楽しみたいと思いながら、
そこはやはり日本人、お正月の飾りをクリスマスツリーですませるわけにもいかず、
あわてて、クリスマスリースもお正月飾りにつけかえます。

f0002265_5355561.jpg


すべての人に、

I wish your merry christmas!
[PR]
by giovanni12 | 2007-12-24 05:37 | ひとりごと | Comments(10)

脱力・・・

今日は金曜日かと思って、「わーい、明日からクリスマス3連休だー!」ってひそかに浮かれていたら、まだ木曜日でした・・・。(爆)
でも、気分はもうすっかりクリスマス&お正月に突入。
(というか、仕事がすっかり暗黒の迷路に入り込んでしまったかんじで、仕事のことを考えると暗~いきぶんになるし、わたしひとりがじたばたしてもどうにもならない事態なので、ひとまず仕事はおいといて・・・)

すっかり脱力しきってだらけた気分のときの脳内トリップ先は、やはり南の島。

真っ青な空の下、真っ青の海を目の前に、近くのカフェから聞こえて来るレゲエをBGMに一日中ごろごろ、うだうだできたらいいのに。
できれば、まだ行ったことのない、ジャマイカが理想だけど、バリでもじゅうぶん。
レゲエといえばもちろんジャマイカだけれど、クタもレゲエの似合うビーチだと思ってる。
レゲエのリズムって、わたしにとってはあまりに心地よくて、ときどき自分の前世はジャマイカ人じゃなかったのかとおもうときがある。
いつかジャマイカでレゲエに溺れたいけれど、バリのビーチで聞くレゲエもなかなかものよ。
レゲエの似合う街、好きだなぁ。

f0002265_20225077.jpg


いくら今日はまだ木曜日、と言い聞かせても、まだどうしても金曜日のような気がしてならないわたしでした。
明日ちゃんと会社に行かないと・・・。(汗)
[PR]
by giovanni12 | 2007-12-20 20:31 | Bali | Comments(8)

サッカー三昧の一日

今日は朝から予定(?)がびっしり。

まずは早朝、スペインリーグのバレンシアvsバルセロナの試合を見る。
調子がいいかと思うと、ええ~っって思うような試合したり、アウェイではまったく勝てなかったり、どうも絶好調とはいえない今期のバルサ。
アウェイなのでちょっと心配していたけれど、先週のデポルティーボ戦はわりといいかんじだったので、ちょっと期待もしていた。来週に控えるクラシコ(レアル・マドリーとの試合のこと)を勝って迎えたいもの。
試合が始まってみたら、バレンシア、ホームとは思えないほどショボかった。
はらはらする場面もほとんどなく、あっさり勝った。
敵ながら、バレンシアもうちょっとがんばれよ。そんなチームじゃないだろう。
ただ、メッシがけがしてしまい、来週のクラシコは出れなくなってしまい、ショック。
ま、エトーが帰ってきたし、マルケスのコンディションがとっても上がっている気がするので、きっと、いい結果が期待できると思う。

午前中は用事を済ませ、午後からはクラブワールドカップを見る。
まずは浦和レッズvsエトワール・サヘルの試合。
一応、レッズを応援してみる(レッズファンじゃないけど)。
このクラブワールドカップから、鈴木啓太のシューズが黄色から赤になったのが気になる・・・。
PKはあんまり好きじゃない。できれば、90分で勝負がついてほしかった。
でもレッズ勝ってよかったね。
ワシントンの涙にはちょっとホロリ。

さて、今日の〆はACミランvsボカ・ジュニアーズ。
こちらもどっちが勝ってもよかっただんだけど、ボカのパレルモになんだか哀愁を感じ、どっちかというとボカより。
セードルフ、まだ31歳だったのには驚いた。ってことは、わたしがよくセリエAみてたころはまだ20代前半だったってことだよね・・・。(汗)
今日のミランは強かった。カカもピッポもすばらしかったし。
でも、ここでもパレルモの涙にまたもやホロリ。

サッカー、やっぱり楽しい。
バルサ以外のチームの試合は、なんと気楽に楽しく見れることか。
でも、どんなに胃がキリキリしても、心臓がドキドキしても、バルサとともにあの感動を味わいたいな、いつかは。

バルサも勝ったことだし、さてと、今週もがんばろう。
[PR]
by giovanni12 | 2007-12-16 22:55 | FCbarcelona | Comments(2)

Clémentine, la Désirée

ランジェリーの魅力にすっかりはまってしまい、どうやらしばらくは逃れらそうもありません。
だって、ほんとにすてきで、持ってることが嬉しくて、今はお洋服や靴よりもランジェリーが欲しいくらい・・・(いえ、服も靴も買ってますが。。。爆)。

つい最近手に入れたのは、AubadeのA/Wコレクション、Clémentine, la Désirée
f0002265_215129100.jpg

三角ブラとハーフ、迷ったけれど、三角ブラのレースが可愛くて、こちらにしました。
ボトムスはGストです。

絵の具を水で溶いたような柄がすてきです。
色もとっても好き。
トップスは素材がちがったていたら、水着にしたいくらいです。
柄のどの部分を使うかで、雰囲気がまた全然違うの。
オレンジの部分が多いと可愛いかんじだし、グレーの部分が多いと落ち着いた雰囲気。
わたしは、悩んだけれどオレンジとグレーがバランスよく入っているのにしました。

調子にのり、ついついこんなものまで買ってしまいました。
f0002265_21571398.jpg

スリップです。
中に着るのはもったいないくらい。
大人な雰囲気なんだけど、可愛らしさもあり、とっても気に入ってます。

ところで、三角ブラってどんなときにつけるのかしら。
[PR]
by giovanni12 | 2007-12-15 22:08 | ランジェリー | Comments(10)

コルゲートの味

コルゲートというハミガキ粉(粉じゃないから、ハミガキでいいのか???)がある。
なぜか、わたしはあのコルゲートの味が好き。
今まで試したどんなハミガキも、コルゲートに勝るものはなかった。(・・・なんて、そんな大げさなもんではありせんが、なんたって、単なるハミガキですから。)

そのルーツは、ずーーーっと昔、わたしがまだこどもだったころ、
我家の定番ハミガキはコルゲートだった気がする。
当時たぶんどっかの日本の会社がコルゲートのパテント契約かなんかしていて、普通に薬局で売っていた(のだと思う。あまりに昔のはなしなので、まちがっていたらゴメンナサイ・・・)。
そのころの味が今でも忘れられないのか・・・、どうかは謎。

しかし、その後、定番のコルゲートはいつのまにか生協ハミガキにとってかわられ、我家の洗面所からコルゲートの姿はぷっつりと消えた。

そして、コルゲートそのものがあまりみかけなくなり、(当時)ソニプラとかに行かないと買えないハミガキになってしまった。

大人になってたまに海外旅行に行くようになり、旅先でスーパーに行くと、どこの国のスーパーにも必ずといっていいほどコルゲートが売っていた。
国によっては、みたこともないような味や色のものがあったりして、しかもソニプラで買うよりぜんぜん安いので、嬉しくなって、海外旅行にいくたびに、コルゲートを買って帰ってきたものだった。
ま、そんなコルゲート熱もいつしかさめ、海外旅行に行ってもコルゲートに目を向けることは最近まったくなかったのだけど、この前バンコクのスーパーで山積みされたコルゲートを見て、久しぶりに買ってみた。

f0002265_20105196.jpg


おお、これこそ、わたしが好きだったあのコルゲートの味。
それに、日本ではイマドキみかけない、このタイプのチューブも改めてみるとなかなかいいじゃない。
つぎのどこかにいったときは、またコルゲート買ってこようかな。
[PR]
by giovanni12 | 2007-12-11 23:30 | ひとりごと | Comments(4)

最近「食べる」ということを考えるようになりました。
もちろん前から美味しいものを食べることは大好きだし、美味しいもの食べると幸せなきもちになれるので、「食べる」ことはわたしにとって大切なことではありました。
でも今まで「美味しい」と思うことは重要だったけれど、「食べる」ということをあまり真剣に考えたことがなかったかもしれません。
もともと、それほどジャンクフードやインスタント食品、出来合いのものとかを食べる方ではありませんが、からだにいいかどうかを考えながら食べたことってあまりなかった気がします。

ところが、あることをきっかけに、「食べる」ことによって体は作られているということを今更ながら感じるようになったのと、相方のあまりのメタボ度合いに、このままではいかんという危機感から、もしかして食生活を見直す必要もあるかも、って思ったりしたわけです。

とはいうものの、食生活を見直すといっても、そんなにたいそうなことはできるわけもなく、むしろあまり大げさに考えるとぜったい長続きしないことは目に見えているので、できることはあまりないのですが・・・。
とりあえず、おうちごはんでは、できるだけ野菜をとり、お肉は控えめに、できればなるべく自然の材料を使うことを心がけ、玄米ごはんも食べてみようかと思っています。(この前ためしに玄米ごはん炊いてみたけど、水加減がむずかしくて、まだまだ研究の余地ありです。)

お料理するのはきらいじゃないけれど、あまり上手とはいえないし、正直会社から帰ってごはんを作るのはかなり苦痛なときもあるので、あまり無理せずできることからやっていければいいのかなと思っています。
ヴェジタリアンになるとか、マクロビを実践するとか、そんな大そうなことじゃなくてね。
さらに申し添えておきますと、外食しないっていうことではまったくありません。
これからも、美味しいもの求めて街に出て行きますよ。

f0002265_2146662.jpg

写真はJLラヤスミニャックにあるワルンオチャのナシゴレン。
こうして見ると、なかなかからだによさそうなナシゴレンです。
[PR]
by giovanni12 | 2007-12-05 22:03 | ひとりごと | Comments(17)

クリスマスのじゅんび

街はすっかりクリスマス。
街中がキラキラしていて、わけもなくワクワクしてくるこの季節。
12月の声をきくと、我が家でもクリスマスのじゅんびなぞしようかという気になる。
まずは、玄関にリースを飾る。
f0002265_2083213.jpg

このリース、ちょっとショボイし、もうだいぶ使ったし、そろそろ新しいリースが欲しいところだけど、
とりあえずはこれで。

そういえば、一度ダンナに片付けるように頼んだところ、リボンもオーナメントもすっかり取り払われて、わっかだけになってきちんとしまわれていたことがあったっけ。
翌年飾ろうと思って、すんごい驚いた。


小さなクリスマスツリーもだして、
キャンドルも飾って、
この前買ったシクラメンもいっしょに並べて、
大切なプレセピオも飾りましょう。
f0002265_2013918.jpg


あとはクリスマスを待つばかり。
そうそう、サンタクロースが来るかもしれないから、靴下も忘れないようしないとね。
こどものころって、欲しいものはどれも靴下にはとても入りそうもないものばかりだった。
今なら、欲しいもの、靴下にじゅうぶん入るんだけどなぁ~。
[PR]
by giovanni12 | 2007-12-02 20:19 | ひとりごと | Comments(6)