羽田からバリへgo!

今回利用したのはガルーダの羽田発の直行便。
羽田へはとっても便利な我が家、羽田から直行でバリに行けるなんてなんとも魅力的。
深夜便というのがちょっとな~だけど、たぶんわたしの場合、飛行機辛いとか嫌だとか言ってるわりには、
けっこうよく寝ているようなので(汗)、起きたらバリに着いていて、それから丸々1日使えるんだから悪くない。

というわけで、深夜便がけけっこうある羽田国際空港、
それなりに人も多かったけど、なにせ、店がほとんど閉まってて、
せめてお茶できるところとかもうちょっと選択肢が欲しいところです。

予定どおり、1時に離陸、しばらくするとおつまみとおにぎりが配られました。
その後はお休みタイム。もちろん、わたしは寝ます。
到着2時間ぐらい前に朝食。
和食と洋食があり、わたしは洋食を。

f0002265_21271884.jpg


洋食はオムレツ、ヨーグルト、フルーツ。あんまり美味しくなかった・・・
ちなみに、和食はお粥でした。和食のほうがあたりだったかな。

そうこうしているうちにングラライ空港に到着。
この時間帯に到着する便は少ないようで、入国審査は今までにないほどあっというま、とってもスムーズでした。
荷物もすでに出てきていました。あまりのスムーズさに、ちょっと拍子抜け(笑)
10時間ちょい前は家のお風呂に入っていて、今はバリにいるんだから、これはいいね。
羽田発の直行便、使える。
1年ぶりのバリの空気に疲労も寝不足(?)ふっとび、また、バリに来たんだなぁと実感。

f0002265_21413584.jpg


ングララウ空港、大工事中なのですね。
一部はすでにきれいになっていたり(スタバもできてた~)、
これから工事にとりかかるみたいだったり。

さて、バリについてまず最初にすることは、マッサージ。
ホテルにチェックインする前にマッサージをしてもらおうと思い、日本で予約しておきました。
お迎えの時間までまだもうちょっとあったので、
コーヒーでも飲んで、のんびり待つことにしました。

f0002265_21534118.jpg




余談ですが、
お迎えの場所、マクドナルドのドナルド像の前と言われたんですが、
マクドナルドなんと閉店していてドナルド像はいませんでした。
でも、マクドナルドのあったところで待ってたら、ちゃんとお迎えきましたが。
[PR]
by Giovanni12 | 2012-09-30 22:04 | Bali | Comments(2)

1年ぶりのバリ



f0002265_21494245.jpg



1年ぶりにバリにいってきました。
1年ぶりのバリは変わったような、変わってないような、いやけっこう変わったてたかな。
それでも、やっぱりバリはいいな、また来たいな、と思わせる不思議な魅力のある島です。
去年のデジャブーかと思うような日程、
さらに去年にもましてどこへもいかず、何もせず、ひたすら怠惰でシアワセな毎日でした・・・

なにせ去年のデジャブーのような滞在で、
だいたい去年の旅行記も半分しか進んでいませんが、
なるべく記憶の新しいうちにちょっとずつ綴っておきたいなと。目新しい話題はさしてありませんが。
でも、時系列で書いてるとまた去年のとおなじことになりそうなので、
思いつくままに・・・

それにしても、プールサイドでゴロゴロしてるとあんなにあっというまに1日が過ぎてしまうのに、
会社の席に座ってると、1日がエンドレスに感じるのはなんでなんでしょうね・・・
[PR]
by Giovanni12 | 2012-09-28 21:57 | Bali | Comments(2)

夏休み♪

まだこんなに暑いから、夏休みでいいよね?

f0002265_216495.jpg


ちょっくらいってきます♪
[PR]
by Giovanni12 | 2012-09-15 21:07 | ひとりごと | Comments(10)

参鶏湯でお腹がいっぱいになったところで、空港へ行く時間まではまだ1時間ぐらいあったので、
ぶらぶらと散歩することに(どんだけ散歩好きなんだか・・・)

光化門と後ろの山、見事な景色です。
絵に描いたようというか、絵になるというか。
ソウルって山が近いですよね。

f0002265_11461735.jpg


f0002265_11471690.jpg


世宗路(セジョンノ)を市庁方面へ向かって歩きました。
広い通りの真ん中には芝生や花が植えてあり遊歩道になっています。
世宗帝の像の下の地下に歴史博物館がありました。
いつも買い物や食べるのに忙しいソウル滞在、意外にこういうところをゆっくりみる機会ってなかったので、
よかったです。

清渓広場のところから清渓川(チョンゲチョン)へ降りてみました。

f0002265_1355371.jpg


f0002265_1364637.jpg


清渓川の遊歩道を歩いてみるのも実は初めて。
川岸は涼しげでいいですね。
ちょこっと歩くつもりが、思いのほか上がるところが少なくて(汗)、それでも1キロは歩いていないぐらいのところで無事道路に上がり、のんびり歩いてホテルに戻りました。

ちょうどいい時間で預けた荷物を出してもらっていると、お迎えの車が来て、空港に向かいます。
今回は往復で空港シャトルを頼みました。
タクシーよりはちょっと高いけれど、4人だと車によっては荷物が積みきれないこととかもあるし、
渋滞にはまる可能性もあることを考えると、4人ならけっこう利用価値大かも。

また、来たいね、ソウル。
[PR]
by Giovanni12 | 2012-09-14 23:48 | Seoul | Comments(0)

名残り惜しくもチェックアウトを済ませ、少し早めのランチに。
ソウル最後の食事は参鶏湯。
前回初めて行った土俗村もすごく美味しかったのですが、
3年前の初ソウルのときに食べたこちらの参鶏湯をもう一度食べてみたくて、
ホテルからてくてく歩いて行きました。
地下鉄だとめちゃくちゃ行きにくいです。歩いても10~15分くらいです。
平日だったので、早めにお店に入りましたが、すでに何組かは召し上がっていました。
前に来たときよりお店きれいになってた~。
席につき、さっそく参鶏湯を注文。
注文と同時にキムチ、カクテキが並べられ、

f0002265_11173739.jpg


ほどなくぐつぐつ煮えたぎった参鶏湯がでてきます。

f0002265_11174494.jpg


はふはふしながら食べる参鶏湯、美味しいですよね~。
土俗村に比べると、こちらのほうがあっさりかな、スープも透明だし。
どっちも甲乙つけがたく美味しいと思います。参鶏湯食べるならどっちかかな。
いやでも、他にも美味しい参鶏湯もあるかもしれないし。(笑)
参鶏湯ってほんとうに栄養たっぷりなかんじです。
夏に食べるっていうのもうなづけます。夏バテに効きそう~。
今、食べたい気分です。
汗かきながら、最後の食事を堪能しました。

出発の時間までまだもう少しあるので、またまた散歩・・・。


正統参鶏湯元家(チョントンサムゲタンウォンガ/정통삼계탕원가)
ソウル市鍾路区(チョンノグ)寿松洞(スソンドン)129-1
(서울시종로구수송동129-1)
℡:02-739-4280
※日本大使館のそば、地下鉄でいくなら5号線光化門駅、徒歩5分
[PR]
by Giovanni12 | 2012-09-12 23:00 | Seoul | Comments(0)

ソウル最終日です。
朝ごはんのあとパッキングをほぼ済ませ、チェックアウトまではまだしばらく時間があったのでホテル周辺の散策をすることにしました。

f0002265_76077.jpg


ホテルの敷地ないにあるお寺。ホテルのPVを撮影中でした。
上からみるとこんなかんじ。

f0002265_77281.jpg


左上のほうの緑のところが、よくサッカーなんかなおパブリックビューイングやってるところです。

ホテルをでて、明洞方面へ。

f0002265_793491.jpg


明洞の街、朝はそれほど早くないので、一部の食べ物屋さんを除いて、まだほとんどのお店がやっていません。
朝の明洞は静かですが、それでも気の早い観光客と通勤の人たちで動き出す準備中です。

明洞大聖堂までやってきました。

f0002265_7103671.jpg

f0002265_7104994.jpg


大きくて立派な教会です。

朝の明洞をぐるりと一回りして、ホテルに戻りました。
残念ながらチェックアウトの時間が近づいてきました。
[PR]
by Giovanni12 | 2012-09-11 23:00 | Seoul | Comments(0)

仁寺洞のメインストリートから横道に入り(このあたり、古い韓屋がそのまま残っていて素敵です。)、

f0002265_8344658.jpg


さらに奥へ行くと、目的のお店はありました。

f0002265_8362453.jpg


こちらのお店もやはり韓屋をそのまま利用してします。門をくぐると、さらに素敵な空間が広がりました。

f0002265_8375569.jpg


ヌイジョ。
こちらのお店、野草を使い、化学調味料も一切使用していない韓定食が楽しめるということで、どんなお料理が食べられるのか興味津々。

いただいたのは、益母草(インモチョ)コース。

f0002265_844755.jpg

カボチャ粥。お米はほとんど感じられず、かぼちゃのスープのようでした。

f0002265_8462233.jpg

根菜包み、2種。手前の緑の葉の上の、白い四角いのは梨、上にのっているのは桑の実。
奥の茶色い丸いのは野草エキスでジャガイモを発酵させたものらしいですが、大根みたいだった。
器も素敵です。

f0002265_8511283.jpg

スモークチキンと野草のサラダ。ほんとに野草でした(笑)。苦いのもあるし、食べやすいのもある。
ドレッシングはちょっと甘めです。

f0002265_8532064.jpg

チヂミ。緑のがよもぎ、もうひとつは???・・・
野菜のチヂミは美味しくって好きです。

f0002265_8544421.jpg

どんぐりの寒天。どんぐり寒天はあまり味がないです。
キュウリとはよく合います。

このあとポッサムがあったはずなんだけど、なぜか写真なしです。
お肉が柔らかくて美味しかったです。

f0002265_8564639.jpg

ピンボケですが、エゴマのスープ。
これは栄養がありそう。エキスがギュッとつまってるかんじです。

f0002265_858483.jpg

メロウの煮つけ。これはわりと食べなれた味、メロウがぷりぷりで美味しかったです。

f0002265_859989.jpg

きんとんみたいでしたが、なんだろう?イモとカボチャでしょうか。

f0002265_903883.jpg

おかずと味噌チゲ。

f0002265_911029.jpg

蓮の葉ごはん。
写真はないけど、最後にデザートとして発酵野菜のジュースがでました。
これ、すごーく美味しかったです。また飲みたい~。

どれもとっても手が込んでいて、きちんと作ってあるお料理でした。
美味しさからいえばタッカンマリのほうが断然美味しいけれど、
ちょっと精進料理みたいでからだにはよさそうだし、これはこれで美味しかったです。
何より、お店の雰囲気、インテリアや器がとってもすてきだし、
個室でゆったと食事ができるので、とても贅沢な気分が味わえます。
たまにはこういう食事もいいなと思いました。



ヌイジョ(뉘조)
ソウル特別市 鍾路区 寛勲洞 84-13(서울특별시 종로구 관훈동84-13)
℡:02-730-9301/営業時間17:00~22:00
地下鉄3号線安国駅6番出口徒歩7分
[PR]
by Giovanni12 | 2012-09-08 21:15 | Seoul | Comments(0)

午後のあいた時間はマッサージに行くことにしました。
昨日行った安いマッサージはちょっと(特に相方)・・・だったので、何度か伺ったことのあるミナミエステサロンへ。
お値段は街中でチラシを配っているマッサージ屋さんよりも高めですが、
マッサージの技術やサービスはじゅうぶん満足できるレベルで、総合的に考えてお値段高い分快適なマッサージが受けられると思うので、せっかく受けるならこちらのほうがやはりおすすめかと。


マッサージで、すっきりリフレッシュしたところで、
今回のソウル、予約したホテルのプランにアフタヌーンティーサービスがついていて、
てっきりホテルで使えるのかとおもいきや、明洞駅そばのカフェで使えるものでした。
せっかくなので、いってみることに。
明洞の駅を超えたオフィスビルの1階にあるきれいなカフェでした。(写真なしです・・・汗)
スイーツのお茶のセットで、スイーツはクレープとティラミスから選べました。
わたしが選んだのはクレープ。

f0002265_7425618.jpg


個人的な好みとしては生クリームがもうちょっと甘いほうがいいけれど、昨今のはやりはこんなものなのでしょう。
マッサージてリラックスしてカフェでお茶して、なんだかゆったりした気分~。

さて、ソウル最後のディナーは仁寺洞にあるお店を予約していたので、
ごはんの前に仁寺洞をブラブラすることにしました。
仁寺洞の脇道、雰囲気があって大好きです。

f0002265_83293.jpg




f0002265_831730.jpg


サムジギルでちょこっと買い物をして、羊も発見!

f0002265_85671.jpg


相方は通りにでていた屋台のお店で、帽子を買ってました(2個!)

そろそろ予約の時間です。
晩ごはんのお店に向かいましょうか。
[PR]
by Giovanni12 | 2012-09-05 22:16 | Seoul | Comments(2)

アイロンかけ

家事は全般的に不得意だし、好きかといわれるとあんまり・・・ですが(料理熱にいたってはまたしてもマックス下がっていて、料理したくないモード炸裂状態・・・)、
あえていうなら、アイロンかけが一番好きかも。
といっても、かなりてきとーアイロンかけですが。
最近はもっぱら洗濯が終わってすぐの濡れたままの状態でアイロンをかけて、あとは完全に乾くまでハンガーでかけて干しておく方式です。(いいのかよくないのかわかりませんが。)
そうすると、かなりいい加減なかけ方でもわりときれいに仕上がります。乾いた状態でかけるよりまちがいなくラクだし仕上がりもきれいです。
濡れた状態でかければスチームも不要だし。
なので、夜に洗濯をすることがけっこう多いのですが、洗濯が終わった深夜にアイロンかけしていることがよくあります。なぜかそれはあんまり苦にならない。
ただ、夏は暑いからねぇ。

ところでアイロンですが、結婚したときに買ったものなのでもう15年以上使っています。
もちろんコードつき、たぶん売ってたなかで一番目か二番目くらいに安いの買ったのでは。
アイロンって壊れないもんですね。
一度コードの付け根のところがボロボロになって、使うときにパチパチいってたことがありましたが、
相方が応急処置をしてくれて、それ以来そのまま使ってます。
最新式のを買おうかなと思うこともありますが、今のももでじゅうぶん不便はないので、壊れるまでは今のアイロンを使おう。


f0002265_7112393.jpg




それにしても、その他の家事ももうちょっとやる気がでないものか・・・。
[PR]
by Giovanni12 | 2012-09-02 07:15 | 日々のこと | Comments(0)