ありがとう


f0002265_23503529.jpg


またひとつ、年をとりました。
すでに自分でも想像できないないような数に突入しているので、
誕生日は恐怖でもありますが、
それでも「おめでとう」と言ってもらえるのは、やっぱり素直に嬉しい。
みんなに「おめでとう」と言ってもらえて、幸せな誕生日でした。

祝ってくれたすべての人に、
ありがとう!
Thanks a lot!
Grazie mille!

f0002265_23554221.jpg

[PR]
by Giovanni12 | 2014-06-28 23:58 | 日々のこと | Comments(6)

台北3日目は淡水へ。
中山駅からMRT淡水線に30分ぐらい乗ると、淡水に到着です。
台北市内を流れる淡水河の河口です。
駅をでると目前に淡水河は広がります。

f0002265_20183895.jpg


河沿いは遊歩道になっています。
土日は賑わうそうですが、平日の午前中は人も少なくて静かです。

f0002265_20222559.jpg


広い河口はすでに海のよう。
お天気が曇りなのがちょっと残念。
晴れていればちょっとしたリゾート気分が味わえそう。

歩くこと20分ぐらい、赤い建物が見えてきました。

f0002265_20275261.jpg


紅毛城です。
紅毛城は1626年にスペイン人が作ったお城で、その後1861年には英国が領事館を設置したという台湾の第一級古跡。
お城というにはちょっと小さいですが、お庭もきれいでとても雰囲気のある素敵な建物です。
高台にある紅毛城からみる淡水河。

f0002265_20313841.jpg


河というより、もう海ですね。
九份からみる海もきれいだったけど、ここから見る景色もなかなか。
紅毛城のとなりには大学があり、りっぱな礼拝堂が。

f0002265_2035823.jpg


昨日行った皮剥寮といい、淡水といい、台北まだまだ知らない顔がいっぱいあるんですね。
そろそろちょっとお腹も空いてきました。
[PR]
by Giovanni12 | 2014-06-21 20:39 | Comments(0)

北京ダックでお腹いっぱいになり、
母、叔母、叔父夫婦はタクシーでホテルに帰ることに。
わたしたちはちょっとだけ寄り道を。

せっかく台北に来て、夜市に行かないのもなんだかもったいないので、
寧夏路夜市へ行ってみました。
昼間はなんにもないのに、夜はずらっとお店が並びます。

f0002265_152938.jpg


とはいうものの、さっこ北京ダックをたらふく食べたので、もうお腹に余裕もなく、
でもデザートなら行けそう、ということで豆花を食べることに。

f0002265_1541156.jpg


ここからすくって、

f0002265_1571094.jpg


カップに入れてくれます。この写真では大きさがよくわからないけど、けっこうなボリューム。
下の方には豆も入ってます~。
お腹いっぱいで食べれないはずなのに、なぜかお餅も・・・

f0002265_1583141.jpg


だって、まわりの人がみんな買っていたので(笑)

ここで食べようと思ったのですが、雨が降ってきたので、お持ち帰りしました。
豆花は多かったけど、ツルんと食べれるのできれいに完食、
お餅も苦しい・・・といいながら食べました。

胃がもうひとつ欲しい。
[PR]
by Giovanni12 | 2014-06-15 15:14 | Taipei | Comments(4)

浦賀


f0002265_21483921.jpg


うちからわずか数十分、電車に乗っただけで、
こんなところに着くなんて、
なんだかちょっと不思議な気分だった。
真夏のように暑い日だったけれど、
まだ6月初めの浦賀駅は電車から降りてくる人の数もまばらで、とても静かだった。



いえ、先日電車の中に忘れた傘を取りに行っただけです。
[PR]
by Giovanni12 | 2014-06-01 21:54 | 日々のこと | Comments(0)