私をスキーに連れてって

タイトルからして、古すぎ。。。(爆)
こんなに寒いと南の島へ逃避したくなる一方で、ここ数日、積雪情報を見るたびわたしの心を激しく揺らす、私をスキーに連れてって!
f0002265_8434284.jpg

あまり、運動得意ではないので、何をやってもなかなか楽しくスポーツできないのですが、スキーだけは楽しい♪
前みたいにシーズンに何回もは行かなくなったけど、雪が降ってると聞くと行きたくてうずうずしてしまいます。
ただし、お天気のいい日限定ですが。(笑)
晴れたに日リフトに乗って、振り返ったときのあの雪景色、何度みても感動します。
f0002265_84642.jpg

これで、上手だったら、言うことないんだけど。
進歩はもう何年もまったく止まっています。(爆)
[PR]
# by Giovanni12 | 2005-12-23 08:55 | My favorite | Comments(8)

美味しいおくりもの

ある日、我が家に届いたお歳暮は、なにやら細長い箱にはいった怪しい物体。。。
傘のわけはあるまいし、いったい何?

f0002265_2351974.jpgそれは、なんと自然薯でした!
自然薯のお歳暮なんて初めてです。
というわけで、さっそくいただいてみることに。
ネバネバ系のおいもは好きなのですが、手がかゆくなるのがねぇ。
美味しいものは楽しては食べれないってことでしょうか。
細長い自然薯と格闘することしばし。
ようやく、とろろができました!

f0002265_2375764.jpg
写真はあまり美味しそうに見えませんが、スーパーで買う大和芋とかよりも、ずっと濃厚で、芋の味がしっかりして、美味しかったです~。
贈ってくれた方に感謝!
そのあと、わたしの手がしばらくかゆかったのは、言うまでもありません。
[PR]
# by Giovanni12 | 2005-12-19 23:13 | いろいろ | Comments(2)

Baby, I love your way.

今日が結婚記念日であることをさっき思い出しました。
しかも旦那様は、仕事&忘年会です。
まあ、過去10回の結婚記念日で、お祝いをしたという記憶は一度もないのですが。
この、あわただしい時期のせいか、けっこう忘れることも多く、過ぎてからそういえば結婚記念日だったね、なんてことも。
今までも、そしてこれからも、口が裂けても、世界の終わりが来ても、
'Baby, I love your way.' なんて言ってもらうことも、わたしが言うこともないでしょうが、
たまには美味しいレストランでも予約して連れてってもらいたいものだわ。(笑)

写真は、台湾の九份(きゅうふん)で見かけた、花嫁と花婿です。
f0002265_17432552.jpg
[PR]
# by Giovanni12 | 2005-12-17 17:48 | いろいろ | Comments(6)

クライング・ゲーム

クライング・ゲームは1992年のニール・ジョーダン監督作品です。クライング・ゲーム DTSスペシャル・エディション
/ 角川エンタテインメント
ISBN : B00005R22O
スコア選択:



こんなに古い映画の話はいかがなものかと思ったのですが、昨日たまたまテレビでやっていて、どうしても話題にしてみたくなってしまいました。
ニール・ジョーダンは「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」の方が好きだし、作品としてよくできていると思うのですが、「クライング・ゲーム」はなぜだか初めて観たときから、忘れられない映画のひとつなのです。
ストーリーは、テロリストとそのテロリストが逃がしたのだけれど、逃げる途中で車にはねられ死んでしまった人質の恋人との悲しい愛の物語とでもいいましょうか。。。
なんだか、悲しくて切ない映画なのですが、でもなぜか悲壮感や絶望感は感じられなくて、すべてがちょっとずつ陳腐で、主人公のテロリストが言った「人生は滑稽だ。」というセリフがまさにそのとおりなんですよね。
なんだか、人生ってほんとうに滑稽。。。
映画の最後に流れるボーイ・ジョージの歌う「クライング・ゲーム」がまた滑稽で物悲しいのです。
[PR]
# by Giovanni12 | 2005-12-14 21:03 | Film | Comments(2)

パネトーネ!

今日は、我が家での年末恒例、ちょっと早いクリスマスパーティでした。
で、友だちのだんながイタリア出張のお土産で持ってきてくれたのが、これ。
パネトーネです。f0002265_22211225.jpg
イタリアでクリスマスに食べる、パンのようなケーキのようなお菓子です。
イタリアではこの季節、たくさん食べるらしく、スーパーマーケットでも山積みで売っています。
最近は日本でもけっこう簡単に手に入るようになりましたが、けっこういいお値段で。。。!
それにこんなに大きいのはめったにありません!
中味はこんなかんじで、レーズンやオレンジピールなどのドライフルーツが入っています。
f0002265_22264090.jpgこれが、なんともいえずおいしくて、大好きなのです。
フルーツケーキほど重くなく、しっとりしていて、歯ごたえがあって、甘さもちょどよく、癖になります~!
[PR]
# by Giovanni12 | 2005-12-11 22:33 | My favorite | Comments(6)

コンラッド・バンコク

今年の6月に初めてバンコクに行ったときにコンラッド・バンコクに泊まりました。
ホテルは思っていたよりも落ち着いた雰囲気でした。
お部屋も新しいのでとてもきれいです。
スタンダードのお部屋(クラシックルーム)でも、十分広々しています。
f0002265_2154461.jpg

ぞうのぬいぐるみもいます。ひとり1つなのですが、同じ柄だったのが残念!
バスルームもバスタブとシャワーブースが別れていて、使いやすかったです。
バスタブはけっこう大きめです。バスソルトもあって、これはけっこう気に入りました~。
バスルームのいい写真がなくてごめんなさい!
f0002265_21562921.jpg
噂のガラス張りのバスルームは、わたしには意味なかった。。。(爆)閉めて使いました。
BTSのプルンチット駅まで7~8分ですが、シャトルバスもけっこう頻繁に出ています。
わたしは何度か歩きましたが、暑い時期に歩くのはあまりおすすめできません。
歩き出して3分もしないうちに汗だくになり、一気に化粧も流れました。
駅までの道、歩いている人はほとんどいませんでした。(笑)
ホテルがあるオールシーズンズプレイスにはスーパーマーケットやマッサージ屋さんも入っていて、便利です。
感動するほどのホテルではないけれど、快適だし、落ち着いて過ごすのにはいいかな。
[PR]
# by Giovanni12 | 2005-12-08 22:20 | Bangkok | Comments(6)

がんばれ、チャビ!

5年ほど前、両親がモルディブへ行きました。
行く前に「モルディブはイタリアやスペインのサッカー選手がよくバカンスに行ってるから、もしかして誰かいるかもよ~」なんて冗談で言ってたのですが、、、
帰国した母親から会社に電話がかかってきて、開口一番
「いたのよ~!スペインのサッカー選手が!!」と。
スペインがワールドユースで優勝したときのメンバーで、日本と戦った決勝戦の話もしたというのです。
母「名前チャビっていってたんだけど、知ってる?」
私「えーーーっ!チャビ~?!」わたし会社にいることも忘れて叫んでしまいました。
チャビはわたしの大大大すきなバルセロナの選手なのです。
母の英語力を思うと、どんな会話をしたのか推して知るべしですが、「タカハラ」や「モトヤマ」も話題に出たとか。。。
後日写真を見せてもらうと、ほんとにチャビでした。
これがそのときの写真です。今はもっと大人っぽくなっています~。
f0002265_20211416.jpg

母いわく、「普通の礼儀正しい男の子で、いばったとこも全然ないのよ。とってもいいこだったわ。」
それ以来、母もすっかりバルサの(チャビの)大ファンになりました。
そんなこともあり、チャビには他の選手とはまた違う思いがあって、ずっと応援していました。
今では、中心選手としてバルサにはなくてはならない存在です。
そのチャビが、先週練習中に右膝前十字靭帯断裂という大けがを負ってしまいました。
全治6ヶ月。。。今シーズンはもちろんワールドカップも厳しいかも。。。
でも、まだ25歳、しっかり治してまた元気な姿みせてね。
待ってるから。
[PR]
# by Giovanni12 | 2005-12-07 20:32 | FCbarcelona | Comments(2)

欲しいけど。。。

f0002265_1957466.jpgスミニャックやクタの町を歩いていると、何軒か見つかる、洗面台のボウルを売っているお店。
帽子を並べるようにかわいいボウルがたくさん並べてあって、いつもかなり心惹かれるのですが、いくら気に入ったからといって、買って帰っても使えないし。。。(笑)
なので、見て楽しむだけにとどめています。
もし、ほんとうに自分が使うために選ぶんだったら、きっとなるべくシンプルなのを選んでしまうと思うけど、想像だけなら、いくらでもカラフルなものを選べます。

f0002265_1958391.jpgこれだったら、バスルームのタイルはこんな色、あれだったら、バスタブは。。。などなど、考えるだけでもけっこう楽しめます。

いつか、自分の家を建てるときがきたら(たぶんないけど、はぁ~)、洗面台のボウルはバリに買いに来ようと、密かに決めているのでした!
[PR]
# by Giovanni12 | 2005-12-02 20:02 | Bali | Comments(0)

もうすぐクリスマスですね~♪
街中にクリスマスソングが流れる季節がまたやってきました。
クリスマスソングってなんとなくうきうきした気分にしてくれます。
世の中にクリスマスソング数あれど、わたしのベスト・クリスマスソングは、少し(いや、かなり)古いですが、ナット・キング・コールの歌う、その名もズバリ
「The Christmas Song」です。
なぜかこの曲を聴くと、あ~、クリスマスっていいなぁって感じるのです。
マービン・ゲイが歌ってるバージョンもかなりぐっときます。
他には、定番の「ウィンター・ワンダー・ランド」とか「ママがサンタにキスをした」とかも好きです。
次点はやっぱりユーミンの「恋人がサンタクロース」かしら。。。(笑)
f0002265_2163544.jpg

西新宿のクリスマスの風景。
昔はもっともっと華やかだったんだけど、最近ショボイ!
それにしても、会社帰りに高層ビル街で一人でクリスマスツリーの写真撮ってる女っていったい。。。(爆)
[PR]
# by Giovanni12 | 2005-11-29 21:15 | My favorite | Comments(2)

秋の鎌倉

母親が「お友達と鎌倉にお茶会に行くから行かない?」と誘ってくれたので、
お茶のお作法はまったく知らないのに、鎌倉ということばに惹かれ、
ずうずうしくくっついていくことにしました。
鎌倉なんて久しく行っていなかったので。
紅葉の見ごろのこの時期、北鎌倉の駅はあふれんばかりの人で、
改札を出るのにも一苦労です。
やっぱり、鎌倉ですね~。
お茶会で、おいしいお茶とお菓子をいただき、しばし優雅な時間を楽しんだあと、
紫陽花で有名な明月院の美しい紅葉を堪能しました。
f0002265_1861013.jpg
母親のお友達というのは、母親がOL(そのころOLなんて言葉はなかったか。。。)をしていたころの会社のお友達で、会社をやめてうん十年たった今でも、年に1度くらいは会っているようです。

f0002265_18115612.jpg昔のOLさんたち(ごめんなさい!)は、きっと会社にいたころもこんなふうに毎日おしゃべりしてたんだろうなぁ、って容易に想像がつき、その様子をみていたら、なんだか年をとるのも悪くないかという気がしてきました。
[PR]
# by Giovanni12 | 2005-11-26 18:25 | いろいろ | Comments(6)