オアフ島を半周

ノースショア滞在は終了。
思ったとおりすてきなところだったノースショアに少しだかけ後ろ髪をひかれながらも、次の目的地に向かいます。

f0002265_21495661.jpg


ホテルをチェックアウトして、来た道とは反対方向へ。
オアフ島のドライブは快適、テンションも上がります。
海岸線に沿って西?へと車を走らせます。
次の宿泊地は、いうまでもなくワイキキですが、その前に一箇所寄り道。

f0002265_21512515.jpg


お天気はどうも安定せず、途中ものすごい大雨に降られたりもしましたが、何とか無事に到着。
カイルアタウンです。

f0002265_21522654.jpg


わたしは全然知らなかったのですが、最近?話題の街だそうで、大型スーパーやおしゃれなショップが並ぶ、新しいショッピングスポットのようです。
さっそくスーパー巡り。
ハワイのスーパーってほんと楽しいよね。(ハワイに限らないか、笑)

f0002265_2153737.jpg


スーパー巡りもいいけれど、そろそろお昼の時間です。
[PR]
by Giovanni12 | 2016-07-14 07:21 | Hawaii | Comments(0)

f0002265_11394828.jpg


マリーナ・ベイ・サンズの向こうの海側にある植物園、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ。
フラトンから歩いて行ったら、けっこう遠かった。
MRTベイ・フロント駅(サークル線)から地下通路で直結しています。
とにかく広くて(それでも、まだまだ拡大中なのかな?)、
いろんなエリアに分かれていて、巨大なドームがいくつかあります。
植物園自体は無料で入場できますが、巨大な温室のフラワードームや、
室内に滝があるクラウド・フォレストなんかに入るには、別途入場料が必要です。
あんまり時間がなかったので、とりあえず外を散策。

f0002265_11471322.jpg
f0002265_11472957.jpg
f0002265_11474269.jpg
f0002265_1148128.jpg


植物園なのであたりまえですが、いろんなお花が咲いていました。
宙に浮いているようにみえる巨大な赤ちゃんのオブジェも。

f0002265_11501099.jpg


散歩するにはとてもいいところだと思いますが、何せシンガポール暑いので・・・。
でも、緑と水がある分、街中よりはいいかな~。
いずれにせよ、水分補給を忘れずに。
[PR]
by Giovanni12 | 2014-10-26 11:55 | Singapore | Comments(0)

シンガポールのこと、あんまりよく調べもせず、よく知らないまま行ったのですが、
(去年行くつもりになったときに買った「るるぶ」をさらっと斜め読み・・・)
マーライオンぐらいはわたしでも知ってる。

あまりにもいろんな人が世界3大がっかりだというので、
どんだけがっかりなものなのか、ある意味期待していましたが、

f0002265_1194689.jpg


シンガポールの夜景にうかぶマーライオンは思いのほか絵になっていて、
確かによく考えるとふしぎな光景ではあるけれど、
見ているときはまったく違和感もなく、なかなかの夜景スポットでした。
マーライオンの後ろの右側に写っているのが泊まっていたホテル、フラトンです。

マーライオンを背中からみると、マリーナが一望でき、

f0002265_11131572.jpg


こちらも、なかなかの景色。


そして、極めつけは、やっぱりこれじゃない。

f0002265_11132513.jpg


マリーナ・ベイ・サンズとマーライオン。
これはこれでかなり絵になる景色でした。


そういえば、マーライオンっていったい何者なのかと思ったら、
上半身がライオンで下半身は人魚、マーライオンの「マー」はマーメイドの「マー」なんですね。
[PR]
by Giovanni12 | 2014-08-31 11:21 | Singapore | Comments(0)

台北最終日です。
荷物をまとめ、とりあえずチェックアウトを済ませ、ホテルに荷物を預かってもらい中正紀念堂へ向かいました。

蒋介石の偉業を称えるために作られたという中正紀念堂、とにかく広いです。
約25万平方メートルもあるそう。
いや、ほんとに広くてでっかいです。

f0002265_7401868.jpg


遠く正面に見えるのが正門だそうです。
正門の奥に紀念堂があります。遠いのなんのって・・・
正門を抜けると、紀念堂がみえます。

f0002265_7462557.jpg


ようやく紀念堂までたどりつき、紀念堂から正門をみるとこんな景色です。

f0002265_7432626.jpg


紀念堂の中には蒋介石の像がかざってあり(この像がまた大きい)、1時間ごとに衛兵交代があります。

f0002265_7502925.jpg


一糸乱れぬ、ぴったりそろった動きで、なんどみてもすごい。
立っている間はピクリとも動いてはいけないようで、ほんと大変な任務です。
でも、選ばれた人しかできない、憧れの任務なんでしょうね。

衛兵交代式を堪能した後は、中世紀念堂のすぐそばにある南門市場へ向かいます。
[PR]
by Giovanni12 | 2014-07-27 07:57 | Taipei | Comments(0)

台北3日目は淡水へ。
中山駅からMRT淡水線に30分ぐらい乗ると、淡水に到着です。
台北市内を流れる淡水河の河口です。
駅をでると目前に淡水河は広がります。

f0002265_20183895.jpg


河沿いは遊歩道になっています。
土日は賑わうそうですが、平日の午前中は人も少なくて静かです。

f0002265_20222559.jpg


広い河口はすでに海のよう。
お天気が曇りなのがちょっと残念。
晴れていればちょっとしたリゾート気分が味わえそう。

歩くこと20分ぐらい、赤い建物が見えてきました。

f0002265_20275261.jpg


紅毛城です。
紅毛城は1626年にスペイン人が作ったお城で、その後1861年には英国が領事館を設置したという台湾の第一級古跡。
お城というにはちょっと小さいですが、お庭もきれいでとても雰囲気のある素敵な建物です。
高台にある紅毛城からみる淡水河。

f0002265_20313841.jpg


河というより、もう海ですね。
九份からみる海もきれいだったけど、ここから見る景色もなかなか。
紅毛城のとなりには大学があり、りっぱな礼拝堂が。

f0002265_2035823.jpg


昨日行った皮剥寮といい、淡水といい、台北まだまだ知らない顔がいっぱいあるんですね。
そろそろちょっとお腹も空いてきました。
[PR]
by Giovanni12 | 2014-06-21 20:39 | Comments(0)

台北一のパワースポット龍山寺をお参りしたあとは、
ここから歩いて10分ほどのところにある萬華地区へ。
萬華地区は100年前までは、台北の街中を流れる淡水川沿いでは最も栄えていた一番大きな港町だったそうで、台北の中でも古い地区です。
今では、当時の賑やかさはほとんど残っていませんが、一部古い街並みがそのまま保存されています。

f0002265_830338.jpg


剥皮寮(ボーピーリャウ)はその萬華地区のメインになるもので、
一説によると、この恐ろしげな名前は、清の時代だったころに、中国の福州から船で杉の木材が運ばれ、皮を剥いで加工したところからついたということですが、
他にも諸説あり、ほんとうのところはよくわからないそうです。
その後は隣接している小学校の一部として使用されていましたが、老朽化により取り壊される予定だったのを、周囲の住民の反対などもあり、歴史的地区として保存されることになったということです。

f0002265_8365747.jpg


レトロな雰囲気がすてきです。

f0002265_8381570.jpg


すっかりきれいに整備されてしまっているので、若干整然としすぎている感もなきもあらずではありますが、
のんびりとお散歩するにはいい場所です。
一眼レフのカメラを持ってあちこち撮影している人や、
ウェディングドレスを着て撮影している人も。
映画のロケにも使われたそうです。

f0002265_847822.jpg

[PR]
by Giovanni12 | 2014-04-06 08:54 | Taipei | Comments(2)

台北2日目。
本日最初の目的地は龍山寺。

f0002265_637559.jpg


あまりにベタではありますが、母も叔母も行ったことなかったし、
わたしも初台北のときには行ったものの、そのときはちょうど修復中だったのでちゃんと見ていなかったので、
台北で一番有名なお寺にお参りするのもいいかなと思い。

f0002265_6401646.jpg


日本のお寺とは違い、鮮やかな色使い。
詫び寂びを追及する日本のお寺も好きだけど、それとはちがう台湾やアジアのお寺も嫌いじゃない。
この街に、渋いお寺は似合わないもの。

f0002265_6431043.jpg


午前中の割と早い時間できたが、お参りする人でいっぱいでした。
お線香をもって、決められた順に回ります。
特にお願いしたいところでは何本もお線香を供えて念入りにお願いするようです。
わたしもお参りする人たちにならって、順番にお線香を供えて参ってみたのですが、
要領がよくわからなかったので、前にいた男性のあとくっついてマネしてたら、
その男性、どうやら赤ちゃんが生まれたばかりで、赤ちゃんの健やかな成長をお願いするところで2本お線香を供えていたのでした。
わたしはそれまでマネしていたので、縁結びのところでお線香がなくなっちゃった。
まあ、縁結びのとこはいいか(笑)

f0002265_6553814.jpg


お天気も最高、次の目的地へ向かいます。
[PR]
by Giovanni12 | 2014-03-23 07:02 | Taipei | Comments(2)

ごはんを終え、外に出るとあたりはすっかり暗くなっていました。

f0002265_2263911.jpg


どんなお店があるのか、
ぶらぶらと歩きまわります。

一瞬、「ここは日本?」と勘違いしてしまいそうなお店とか、

f0002265_9432559.jpg


不思議なディスプレイのお店とか、

f0002265_9435427.jpg


けっこう楽しい。
お店はチャトチャックと同じお店も多いかな~。
チャトチャックのあのごちゃごちゃ感は、わたしにはたまらないけれど(笑)、
快適にお買い物をするなら、断然こちらか。
トイレもとってもきれいだったそうです。(わたしは言ってないので、相方情報)


f0002265_946119.jpg


f0002265_9462890.jpg


なんといっても、フォトジェニックな場所だし、ムードも満点。
デートにはぴったりの場所だね。
次回はもっとおしゃれして、バーン・カニタで食事しよう。


ちなみに、サパーン・タークシンから歩くと30分ぐらいだそうです。
知人、シャトルボートが激混みで、歩いたそうです。
涼しい日だったら、いいけど・・・。
なんでタクシー乗らずに歩いたんだろう?道も渋滞してたのかな・・・。
[PR]
by Giovanni12 | 2013-11-30 09:52 | Bangkok | Comments(0)

食べなかったけと、このあたりでとれるという首のまがった魚。
せいろにちょこんと収まっている姿が、なんだかかわいらしい。

f0002265_848454.jpg


「プラートゥー」という魚だそうです。
せっかくなので食べればよかったな。その前に食べ過ぎました。

なぜかやぎもいたりして。

f0002265_8514130.jpg


わたしが近づいていってもまったく知らんぷりでそっぽ向いてたのに、
相方が近づくと、なぜかみんな寄ってきた・・・。
動物にはめっぽう好かれるタイプらしい。

f0002265_8541848.jpg


夕方には蛍を見るツアーもあるそうです。
どこでホテルが見れるのかしら?
少なくともこの川じゃないよね。
蛍は気になりつつも、蛍を見に行っちゃうと帰りのバスがなくなっちゃうようなので、
(宿泊施設もあります。)
暑いのでそろそろ退散しようかな。

最初にバスを降りたところに戻ると、ラッキーなことにバスが待っていました。
これも満員になれば出発なのですが、わたしたちのあと、すぐ数人乗り込んで、
間もなく出発。
行きのドライバーの運転が荒いのかと思ったけれど、
帰りもほぼ同じでした。(汗)
どうもこれが普通のようで。
何はともあれ、無事にバンコク帰着。
楽しかったです~。


アムパワー水上マーケットについて(行き方など)詳しくはこちら (★)

f0002265_922842.jpg

[PR]
by Giovanni12 | 2013-08-06 22:00 | Bangkok | Comments(0)

ロットゥーを降りて、他の人たちが行く方へ行き、
なんとなく、店が並んでる方へ進んでいくと、
あった~、ありました、川が。

f0002265_17562549.jpg


こんなかんじで川の両側にお店がびっしり並んでいます。

f0002265_17585771.jpg


まあ、場所によって混んでることもあるし、あんまり人がいないところもあるし。

船に乗って、水上ツアーに出ることもできます。

f0002265_1833987.jpg


f0002265_184330.jpg


おせじにもきれいとはいえない川ですが、
なんかのんびりしてていいな~。

こちらの水上マーケットタイ人には人気のスポットだそうです。
東京から鎌倉とか江ノ島に行く感覚かな。

f0002265_1893875.jpg


なかなk、フォトジェニックなところです。
[PR]
by Giovanni12 | 2013-08-03 18:11 | Bangkok | Comments(0)