プノン・バケン~サンセット鑑賞

アンコール・ワットを後にし、本日最後の目的地へ向かいます。
プノン・バケンでに夕陽鑑賞です。
プノン・バケン山に登るのに、緩やかな坂道を15分ほど。
後できいたところ、両親が行った5年ほど前には緩やかな坂道などなく、急な階段を登らされたそうです。
最後はこの急な階段を登ると頂上です。
f0002265_219763.jpg

頂上にはお寺があるのですが、修復中で見事にすっぽりとシートにくるまれていました。
f0002265_21125262.jpg

今初めてガイドブックでその姿を見たのですが、なかなか美しいお寺のようで、見れなくて残念。
そのかわりといっちゃなんですが、人はすごいです。サンセットの時間にあわせて続々と人が登ってきます。

でも、ここに登るとこんなふうにアンコール・ワットをみることができるのです。
f0002265_21141325.jpg

ジャングルの中にぽっかりと浮かぶアンコール・ワット。とても神秘的です。
上からみる姿もまた美しい。やっぱりこれは必見です。

なんとか場所を確保して、日が沈むのを待ちます。
だんだんと太陽が地平線に近づいてきました。
f0002265_21181995.jpg

f0002265_21184170.jpg

あともう少しで日が沈むところで、我々は撤収です。
なぜならば、この人、人、人・・・がいっぺんに下山しはじめたら、大変な大渋滞になるし、途中の山道には街灯はいっさいないので、完全に日が暮れてしまったら、真っ暗闇の中おりないといけないからです。
真っ暗闇の大渋滞、あまり楽しくなさそうですしね。

すでに、頂上からおりる階段ではこんな大変なことになっています。

f0002265_2122597.jpg


さて、本日の予定はすべて終了。ホテルに戻ったころにはすっかり日も暮れて真っ暗に。
お部屋で一休みしたら、晩ご飯に向かいます。
[PR]
Commented by arak_okano at 2010-03-28 07:48
アラックです。
凄い階段ですね。
日没の15~20分に夕景が一番綺麗な
グラデーションになるんですよね、ゆっくりと
撮影して帰っても良いのかもしれませんね。
私はいつも水中ライトを持っていますから!
Commented by carambola at 2010-03-28 09:15
やっぱり日暮れ前には戻るんですね(笑)
暗くなった中どうやってこの階段を下りるんだろう?って
心配しちゃった(^_^;)

しかし,アンコールワットって,あんなジャングルの中に
ひっそりとあるんですね.
もっと開けた場所にあるんだと思ってた.
すごく神秘的…
Commented by giovanni12 at 2010-03-28 23:02
アラックさん、この階段はほんとにすごかったです。
手をつかないと怖くて・・・。
お天気にもまずまず恵まれて、きれいな夕日をみることができてよかったです。
真っ暗闇の中、山を降りる覚悟さえあれば、
きっと楽しめると思います!
Commented by giovanni12 at 2010-03-28 23:05
鯔ちゃん、わたしもサンセット見てから帰ったら降りるときは真っ暗になっちゃって大変だなーってのんきに思ってたら、
あともう一息で沈むってとこでガイドさんがやってきて、「帰りますよー!」と。
まだまだ残ってる人も大勢いたけれど、きっとこれが正解だと思うよ。

アンコール・ワット、神秘的でしょ。
ほんとにジャングルの中にぽっかりあるんだよ。
by giovanni12 | 2010-03-27 21:26 | Siem Reap | Comments(4)