ベン・メリア~静かなる遺跡~

シェムリアップには4泊したけれど、アンコール遺跡ができるのは実質3日間。
まずはやはりアンコール・トムとアンコール・ワットは抑えておかないと。何を見なくても、この2つは見ないといった意味ないし。
残りの2日をどのように過ごすのかでずいぶん迷った。
性格的に行き当たりばったりなもので、その日になってみないと何がみたい気分かわからない・・・っていう思いもあったけれど、せっかくのアンコール遺跡観光、どうせならちゃんとガイドをつけたほうがいい。
すべての遺跡を制覇するのは無理なので、まずは何をみるかを決めないと。
マルローの小説のモデルになったバンテアイ・スレイはどうしても見たかったので、その日は郊外の遺跡をまわる日に決めた。まわるといっても、それぞれがけっこう離れているので、午前で1箇所、午後1箇所。
どこにしようかガイドブックをめくっていると、1枚の写真に釘付けになった。
ジャングルの中で壊れかけた遺跡の写真だった。
ここに行ってみたい。

ベン・メリアはシェムリアップから60キロほどのところにある。
お昼ごはんを食べた食堂から、まっすぐに伸びている赤茶けた砂の舞う埃っぽい石の道を歩いていく。
f0002265_20432667.jpg

しばらく歩くと、わたしの視界に飛び込んできたのは、すっかり崩れ落ちた石の建物だった。
f0002265_20475735.jpg

ベン・メリアはアンコール・ワットとほぼ同じ広さを持つ寺院だというが、まわりはすっかりジャングルに囲まれているため、その広さはわかりにくい。建物もほとんど原型をとどめていないので、どのくらい大きかったのかなかなか想像するのは難しい。
f0002265_20501749.jpg

アンコール・ワットも最初に発見されたときはこんな状態だったという。
少しずつ、修復もされているそうであるが、ほとんどは崩れ落ちたまま。アンコール5大遺跡の中でも、もっとも崩壊がすすんでいる遺跡だそう。
一応、見学しやすいように、木の板がはってあったりする。
f0002265_20533894.jpg

まさしく廃墟である。
かつては「水辺の花のテラス」と称えられたというので、きっと美しい寺院だったのだろう。
でも今は美しさよりも、時間の経過と人間の作ったものの儚さを感じる。
f0002265_20574723.jpg

それに比べ、自然の力は朽ち果てるということを知らないのだろうか。
どんな小さな隙間でさえも、みつけて根をはるがじゅまるの生命力には、ただただ圧倒されるばかりである。

観光客でにぎやかだったアンコール・ワットやバンテアイ・スレイに対し、ここは訪れる人もほとんどいなく、ひっそりと静まり返っていた。
その静けさが、またこの朽ち果てた遺跡をいっそう神秘的なものにしている。
[PR]
Commented by tidakapa-apa at 2010-04-28 23:11
まさしく瓦礫の山ですね★
こんなのをコツコツと修復するなんて、なんて気の遠くなる作業でしょうか!
でも昔の雄姿を見ることが出来れば超感動ですよね。

ガジュマルの木の変形が建物があった面影を残してるんですねぇ
Commented by baik2 at 2010-04-28 23:35
奇しくも先日BSでこの遺跡?瓦礫?を放送しておりました。
まるでジオさんの画を元に演出されたようでビックリです(@@
自然への畏敬の念を覚えます。
Commented by arak_okano at 2010-04-29 03:50
アラックです。
整備すべきか、このままにすべきか??
とにかく行ってみたいです。
Commented by giovanni12 at 2010-05-01 00:22
ぱうさん、ほんとうに瓦礫の山です。
むしろ、アンコール・ワットやアンコール・トムのように復元されたことこそ奇跡ですよね。
アンコール遺跡の復元には日本もずいぶん援助しているようです。
ガジュマル、ほんのちょっとの隙間さえあれば根をはることができるんですって。
Commented by giovanni12 at 2010-05-01 00:34
baik2さん、テレビでやっていたんですね、見損ねました~!
アンコール・ワットやアンコール・トムのクメールの微笑は
写真などでもしばしばみることがありますが、
ベンメリアって珍しいですね。
こんなところがあるなんて、来る前は全然知りませんでした。
有名な遺跡の見学ははずせないですが、ここも静かで涼しいし、一見の価値ありだと思います。
Commented by giovanni12 at 2010-05-01 01:06
アラックさん、そうですね。
復元してほしいような、でも、この瓦礫の山もこれはこれで趣があり。。。
いずれにしても、放置しておくとどんどん破壊がすすんでしまうようです、
自然の力にはかなわないということですね。
Commented at 2011-08-14 15:49
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by giovanni12 at 2011-08-16 22:11
鍵コメさま、はじめまして、ご訪問ありがとうございます。
アンコールワット行かれるのですね。
ベンメリアは静かでとても不思議な場所でした。
おすすめです。
そちらに伺ってコメントさせていただきますね。
by giovanni12 | 2010-04-28 21:09 | Siem Reap | Comments(8)