祝スペイン優勝!

スペイン優勝!
早起きした甲斐があったよー!
今回、オランダイチオシだったけど、ロシアに完敗し、
スペインも応援はしていたけれど、正直今回もダメだろうと思ってた。(ごめん・・・)
今回、とってもバランスのいいチームでしたが、特に守備陣のがんばりに拍手。
今日の試合もほんとにふたりのセンターバック&マルコス・セナ、すばらしかったです。
喜ぶ選手たちみて、またしても感動してしまいました。

さらに、ビッグニュースが。
なんと、最優秀選手はチャビだって。
チャビは、バルサのトップチームに上がってきたときからずっとみているし、こんなエピソードもあり、特に思い入れが深い。

みんな、おめでとう。
[PR]
by giovanni12 | 2008-06-30 23:52 | ひとりごと | Comments(2)

バンコクでまずすること

バンコクに行ったら、必ずすることのひとつ、
もちろんマッサージです。
街を歩けばマッサージ屋にあたるバンコク、しかも安い。
最近は、もっぱらぶらぶらしながら、適当なお店に入ることが多いです。
それでも、いまのところ大失敗はありません。

今回の1軒目は、BTSトンロー駅前にあったこちら。
f0002265_1254840.jpg
(日本語の看板ばかりだけど日本じゃないよ。)
ガイドブックみて入ったわけじゃなかったけれど、あとでみたらガイドブックにもよく出ている、カノックウェト。
本には、「目の不自由な人達の経済的、社会的自立を目的として設立された店」ってかいてあるけれど、マッサージをしてくれたおばちゃんは、特に目が不自由ではなかったと思います。
ここでは、タイ古式マッサージ1時間を受けました。
たしか250バーツ。(もしかして200バーツだったかも・・・)

2軒目はスクンビット ソイ24の入口近くのこちら。
泊まっていたサービスアパートメントのすぐ近くでした。
f0002265_1393010.jpg
f0002265_139486.jpg
お店の名前はnuckかな(?)
ここは、ホテルからも近くて便利だったので、2回行きました。
一番最初わたしたちが入ったときは、お客さん他に2人くらいしかいなかったのに、マッサージが終わるころには、満員でした。
その後も、前を通るときにのぞいてみると、たいていいつも混んでいました。
となりも似たようなマッサージ屋なのですが、そちらはそうでもなかったので、人気店だったのかな。
ヘッド&ショルダーマッサージと足マッサージ1時間ずつで450バーツ。

最後は、同じくスクンビット ソイ24にあるこちら。
f0002265_13163941.jpg
アジア・ハーブ・アソシエイションです。
ここも有名ですよね。
ここはホテルのほんとうに正面にあったので、せっかくなので試しにいってみました。
オイルマッサージとハーバルボール、2時間で1200バーツ。
ここのマッサージ、とても気持ちよかったです。
ハーバルボールも全身くまなくポンポンしてもらい、オイルもしっかりしみこんで、お肌もしっとり。
それほど期待していなかったのだけど、マッサージは上手でした。
マッサージを受けるお部屋もとてもきれいだし、薄暗いマッサージ屋に飛び込みで入るのはちょっと・・・っていう人でも、ここなら大丈夫です。


あんなにマッサージしてもらったのに、もうすでに肩コリが。。。(涙)
[PR]
by giovanni12 | 2008-06-29 13:36 | Bangkok | Comments(6)

久しぶりにCDを買った。

We Sing, We Dance, We Steal Things




最近、よくあちこちで流れている、Jason MrazのI'm yoursがとてもお気に入りで、
他の曲も聴いてみたくなった。
いろんな音楽のフレーバーがほどよくミックスされ、でもなんとなく懐かしさもあり、
彼の甘い声も歌にとてもよく合っている。
これからの暑い季節に、爽やかな風を運んでくれそうな、そんな音楽。
ジャケットもすてき。
f0002265_1723626.jpg

これが開いたところ。

イマドキは、音楽も欲しい曲だけ自分で選らんで買う時代。
いつかCDを買うっていう行為そのものもなくなってしまうのかしら。
アルバムの魅力って、曲の順番も大きいと思う。
曲順しだいで、そのアルバムが劇的な作品になったり、つまんないものになったりすることだってありうる。
1曲だけで聴くとあまり魅力を感じない曲でも、アルバムの中の一部として聴くと、なくてはならない曲ってこともある。
それより何より、買ってきたCDの包装してあるビニールを破り、CDを取り出し、初めてかけるときのあのドキドキ。(もっと言うと、レコード針を下ろすときはもっとドキドキ、ワクワクしたけど・・・)
聴きたいときに聴きい曲を簡単に手に入れることができるのは、とても便利だしすごいことだとは思うけれど、やっぱりあのドキドキ感がなくなってしまったら、寂しい。
ジャケットがないのも寂しいし。(ジャケットは、やっぱりLP盤のあの大きさがいいよね。)

久々にCDショップに行って、1枚だけ買うのもなんだか寂しいので、もう1枚ぐらいと物色していたら、目にはいったのがこれ。
f0002265_1732519.jpg

はい、Ry Cooderです。
これは新作?(多分、新作の棚に並んでいたので・・・)
思わず、買ってしまった。
まだ聴いてないんだけど、あいかわらずなのかなー。
[PR]
by giovanni12 | 2008-06-28 17:43 | My favorite | Comments(0)

この度の連れ

リクエストにお応えして(笑)、今回のバンコクの連れを紹介します。
くまっちです。
f0002265_2243835.jpg

鼻が擦れて白くなっているのは気にしないでください。
バンコクは暑いので、ほとんどオークウッドの大きなベッドでごろごろしていたようですが、
f0002265_22658100.jpg

ちょっとだけおでかけもしました。
f0002265_2282648.jpg

ウイークエンドマーケットにて。

おうちで留守番組は、何をしていたかというと・・・
[PR]
by giovanni12 | 2008-06-25 22:18 | Bangkok | Comments(10)

Oakwood Residence Shukhumvit24

がんばって、早起きして、応援したのにーーーっ!
負けるなんて、まったく思ってなかったのにーーーっ!
若いロシアにオランダ撃沈でした。
あー、がっかり。
スペインも、まさかイタリアに負けることはないとは思うけど・・・、勝負は終わってみないとわかりませんね。

気を取り直して、オークウッドの続きです。
お部屋の種類は、1ベッドルーム スーペリアにしました。
(スーペリアだと、53平米で希望よりょっと狭かったです。)

まずはリビング(写真が暗くてごめんなさい)
f0002265_20233660.jpg

ソファの反対側には32インチ(たぶん)の液晶テレビがおいてあります。
NHKもちゃんと見れます。

キッチンもあります。
f0002265_20224087.jpg

もちろん食器類もひとおり揃っています。
包丁も何種類もあって、この包丁がよく切れるのなんのって。
うちの包丁より、よっぽどいい切れ味でした。

ベッドルーム
f0002265_2025971.jpg

ベッドの反対側には、テレビがあります。(こちらは液晶ではなかったけど)
テレビの横にはライティングデスクもあります。

バスルーム
f0002265_2026151.jpg

シンクはひとつでしたが、周りのスペースがけっこうあるので、それほど不便はありません。

便利だったのが、このシャワーとバスタブ。
f0002265_20261584.jpg

シャワーとバスタブが同じスペースの中にあるので、シャワーもあびたいしバスタブにもつかりたいわたしには、日本のお風呂感覚で使えてとても便利でした。
排水もばっちりでした。

こんなかんじのオークウッドのお部屋、とてもモダンでシンプルなインテリアです。
まだ新しいのですべてがきれいだし、収納スペースも十分あります。
洗濯機もあるので、洗濯もできます。
ただ、たてつけはいまいちかも。靴箱の扉もクローゼットの扉もひっかかって閉まりにくかったです。

お部屋は特に不満はなかったのですが、案内されたお部屋、1階だったのです。
変えてもらおうかなぁ、とも思ったのですが、結局変えてもらいませんでした。
出入りをするにはとても便利ですが(忘れ物したときとか・・・)、昼間は窓の外を人が通ったりもするので、2階以上をリクエストしたほうがいいかもしれませんね。
[PR]
by giovanni12 | 2008-06-22 20:44 | Bangkok | Comments(4)

第2候補の宿だったけど

ホテルには事欠かないバンコク、今回もどこに泊まろうか迷いました。
マイレージで飛行機代が節約できたから、日ごろのストレスから解放されるべく、いっそのことホテルは思いっきり贅沢に、たとえば憧れのオリエンタルとかスコータイとか・・・、ってもの思ったのですが、それはまたいつかの楽しみにとっておくことにして、
新しいサービスアパートメントも次々のオープンしているので、そちらのチェックもしておかないとってことで(誰も頼んでないって・・・)、サービスアパートメントをさがしてみました。
条件は、
BTS(スカイトレイン)もしくは地下鉄の駅から5分以内、最大でも10分、
お部屋の広さは60平米以上、
1泊1万円くらい、
ニューオープンであること、
とりあえずこれくらいで、あちこちチェック。
第一候補のサービスアパートメントは、残念ながら満室でふられてしまいました。(GWのときはとれてたのに~)。
で、いくつかの第2候補の中から選んだホテルがこちら。
オークウッド レジデンス スクンビット24
場所は、BTSプロンポン駅からスクンビットソイ24を100mぐらいはいったところ。
徒歩5分もかからないぐらいです。
(ただし、ソイ24はいつも渋滞しているので、タクシーだとけっこう時間がかかる・・・)
周辺には、マッサージ屋さんやレストランが並び、高級ブランドショップがいっぱい入っている高級デパート、エンポリウムも目と鼻の先。
日本人も多い地区なので、日本語の看板もちらほら。
夜もけっこう人通りがあるので、一人旅のときでも、けっこう便利に使えるかもです。
ロケーションは、かなり満足のサービスアパートメントです。
高層の建物もけっこう多いバンコクですが、ここは8階建てで、わりとこじんまりしています。
f0002265_22154686.jpg

ロビーに入らずに、入口手前の階段を下りると、レストランがあります。
f0002265_22164640.jpg

ここは屋外の席。
もちろん屋内もあります。
朝食もこちらでいただきます。
最初、朝食は地下です、って言われてので、地下なんだ・・・と思ったのですが、地下とはいえ、ちゃんと窓があり、暑ささえ気にならなければ外で食べることもできるし、雰囲気は悪くありません。
朝食メニューは、ごくごく普通のビュッフェです。
種類は少なめだけれど、エッグステーションもあり好みの卵料理を作ってくれます。

前置きがあまりに長かったので、続きはまた明日。
[PR]
by giovanni12 | 2008-06-21 22:27 | Bangkok | Comments(4)

うたかたの日々

帰ってます。
うたかたなんていうほど、ロマンチックでもかっこよくもないけれど、
ほんとにわたしはバンコクに行っていたのだろうか?
夢をみていたのではなかろうか?
というほど、またたくまのできごとでした。
しかも、旅の余韻を楽しむ間もなく、
現実の世界に引き戻されてしまい、
行く前となんら状態が変わっておらず(仕事のことです。いろいろ気にして損した・・・爆)。

でも、たしかなことは、
ずっとお会いしたかった方と会えたし、
会えるかなーと思ったけど、ほんのちょっとのところで会えなかったけど、わざわざ電話してくれた方もいたし、
足の甲はしっかり黒くなっているし(やばいです)、
何より、
f0002265_232768.jpg

なんでもある日本だけど、
街中でゾウに出会うことはないよね。
[PR]
by giovanni12 | 2008-06-17 23:28 | ひとりごと | Comments(8)

こっそり。

こっそり、週末逃避行へいってまいります。
f0002265_244969.jpg

とはいうものの、なかなか仕事モードから抜け出せず、自らの器の小ささを感じる今日この頃。
ま、飛行機乗っちゃえば、ぜんぶ忘れちゃうんでしょうが。
[PR]
by giovanni12 | 2008-06-12 02:06 | Bangkok

不覚・・・。

EURO2008が始まっています。
でも、全然試合みれてなーい。

今朝のオランダVSイタリア戦は、早起きしてみようかどうしようか真剣に悩んだけれど、
このところの睡眠不足に加え、体調もあまりよくなかったので、悩んだすえにやめました。
でも、なんとオランダが3-0でイタリアに快勝
(オランダがイタリアに勝ったのは30年ぶりですって・・・汗)
しかも、2点目は我が愛するジオの上がりが機転となり、スナイデルのスーパーゴール。
そしてなんとなんとダメ押しの3点目はジオのゴールでした♥
ジオのゴールなんてめったにみれないのにーーー!
(それもヘッディングだった。ジオのヘッディングのゴールみたの初めてかも・・・)

しかたがないから、ダイジェストでがまん。
久々にみるジオ、やっぱりかっこいい♪
ジオがいれば、今シーズンバルサが崩壊しなかった。。。とは思っていないけど、やっぱりジオのいないバルサはちょっと寂しい。

それにしても、わたしとしたことが、不覚だ・・・。
次の試合は絶対みないと。
[PR]
by giovanni12 | 2008-06-11 00:11 | ひとりごと | Comments(6)

友達の誕生日会やるから~、といわれ指定されたお店は、高矢禮(ゴシレ)
そう、あのペ・ヨンジュンがプロデュースした韓国料理のお店です。
友達がヨン様ファンとはしらなかった・・・。(爆)

ヨン様はじめ韓流スターにまったく疎いわたしですが、どんなところなのかけっこう興味津々で出かけていきました。
お客さん、見事に全員おばさま方・・・。(わたしたちも人のことはいえない立派なおばさんですが)
最近は予約もとりやすくなったようですが、それでも満席でした。

いただいのは、班家床(パンサンガン)のコース。
韓国の名家、宋家の膳だそうです。
びっくりしたのは、お料理がテーブルよりも大きなお盆に載せられてでてくるのです。
f0002265_2113333.jpg

いろいろなナムル
f0002265_2121052.jpg

3種類のジョン。(ジョンとチジミは同じものらしい)
f0002265_2124991.jpg

季節の生野菜に奥がゴボウのチャプチェ
これらのお料理すべてが巨大なお盆に載せられて、そのお盆ごとテーブルの上に置かれるのです。
どれも、あっさりめで、日本人にはとても食べやすいお味でした。
このあと、お肉がでて、最後は味噌チゲにご飯。
ボリュームもかなりあり、どれも美味しかったです。

自分でセレクトすることはぜったいないので、セッティングしてくれた友人に感謝。


高矢禮(ゴシレ)
東京都港区白金台1-25-19 プレシーズビル新館
予約:03-5795-0540
[PR]
by giovanni12 | 2008-06-09 23:46 | いろいろ | Comments(2)