ブランコ美術館@ウブド

知り合いに「けっこうおもしろいよ~」とすすめられ、行ってみたウブドのブランコ美術館。
まさにダリのような風貌をしたスペイン人画家アントニオ・ブランコ氏の作品が展示されています。
絵の作風もダリのようなのかと思ったら、作風はダリとは違ってました。
ダンサーだったインドネシア人の奥様を描いた作品が多いです。
作品も興味深かったのですが、なんといっても感動したのは、この美術館になっている建物の屋上です。
f0002265_20374549.jpg360度ウブドのパノラマが見渡せます。
ライステラスのグリーンがほんとうにあざやかで、風も気持ちよかった~。
写真に写っているのは、我が家の連れです。(連れをお見せしたかったわけではなく、ウブドの美しい風景をお見せしたかったのですが、こんな写真しかありませんでした、、、)



f0002265_20405420.jpgお庭も広くて、よく手入れされていました。
庭には噴水があったり、きれいな花が咲いていたり、にわとりや孔雀が放し飼いにされていたり、さらにこんな鳥もいました。
この写真改めてみると、作り物みたいですね。でも生きている鳥です。
他にもいろんなオウムがいました。


バリっぽさはないけれど、ウブドの他の美術館とはまたちょっとちがう趣で、なかなか楽しめました。
[PR]
# by Giovanni12 | 2006-04-13 20:52 | Bali | Comments(2)

バンコク街歩き

ぶらぶらと街を歩くのが好きです。
特に旅行に行ったら、よく歩きます。
目的地があるときは、そこへ行く手段として、まず歩いていけるかを考えます。
歩きは無理そうな場合は、公共の乗り物で歩けそうなところまで行って、あとはぶらぶら。
バンコクならBTSか地下鉄あるいはボート(バスは難しいですよね、、、)。

歩いていると、思いがけないことやものに出会ったり、そこに住んでいる人々の生活がちょっとだけ感じられたり、思わぬ発見があります。
面白そうなお店を見つけたり、時には道にまよったり。
その街の大きさや地形も歩いているとだんだんわかってきます。
タクシーでぴゅーっと目的地まで行っちゃうと、さっぱりわからいのよね~。

バンコクの街、歩いていたらこんな光景に出会いました。
f0002265_1819463.jpg

それは踏切でした。
電車が近づいてくると、おじさんがこの柵を動かして閉めます。
そして電車が通るのに合わせ、おじさん柵をあけます。
バンコクって片側3車線のすごいりっぱな道路があるかと思うと、こんな道もあって、そのアンバランスがまた楽しい。

でも、バンコクの街歩き、楽しいけどなにしろ暑くて。
水分補給しながら、のんびり歩きます。
[PR]
# by Giovanni12 | 2006-04-09 18:28 | Bangkok | Comments(4)

Alila Manggis Dreaming

アリラ・マンギスは、わたしがバリでどうしても泊まってみたいホテルのひとつです。
というわけで、warna-warniさんのなつかしのSERAI(現アリラマンギス)にTBさせていただきます。

わたしがアリラ・マンギスに泊まってみたいと思うようになった理由のひとつは、このホテルがあちこちで見る写真と、泊まった方の感想などから、わたしの理想のリゾートホテルにかなり近そうだったので。
規模といい、すてきなお庭といい、どの写真もすてきだし、それに南部ではまったく期待できないシュノーケリングができるというのも、魅力的でした。
お部屋が狭いというのとバスタブがないというのが、ちょっと気にはなっているのですが、このホテルにはそれを補ってあまりある何かがあるような気がしています。

ふたつめは、この前ラフティングするのに、ちょっとだけ東の方に行ったのですが、もっともっと東へ行ってみたくなったので。
南部とはまた違う景色が広がっていて、東部の海を見てみたくなりました。

そして、三つ目の理由、それはこのホテルがケリー・ヒルの設計だからです。
f0002265_2092054.jpgケリー・ヒルの建てたホテルは、ランカウイ島のザ・ダタイしか泊まったことはないのですが、このダタイがあまりにすばらしくて、、、
またダタイに行きたいのはもちろんですが、彼のつくった別のホテルにもぜひ泊まってみたかったのです。
もちろんアマンという手もありますが、アマンはやはり敷居が高いのと、ホテルの規模がアリラ・マンギスのほうがわたしの好みにあっていそうなので。
直感です。(笑)

写真はダタイの前のビーチなのですが、肝心のホテルが全然写っていませんね。
ビーチからは全然見えなかったかしら?
残念ながらデジカメのホテル写真ありませんでした。





アリラ・マンギスへの思いは日に日に募るばかり。
カリフォルニア ドリーミングならぬアリラ・マンギス ドリーミング。
夢のアリラ・マンギス。。。
[PR]
# by Giovanni12 | 2006-04-05 20:16 | Bali | Comments(10)

LOVE ROMA

昨日仕事中に、週末だし「HAPPY2BALI」でも買って少しでもバリ気分でも味わおうかな~、と思い、会社の帰りに本屋さんに寄ったら、その本屋さんには「HAPPY2BALI」置いてありませんでした(前のはあった)。
しょうがない、と思ったその瞬間、わたしの目をとらえたのは、、、
「love roma」の二文字。
f0002265_19141225.jpg

しばらく眠っていたわたしのイタリア熱が急に目をさましたのでした。
バリもバンコクも大好きで何度でも行きたいと思ってるし、それ以外にも好きな町や行ってみたい国はたくさんあるのですが、なぜかわたしの中でローマは特別なのです。
永遠の都ローマはわたしの永遠のあこがれでもあり、そしてどんなに恋焦がれてもその想いがとどくことのない永遠の片思い、、、(大げさ!)
しばらく、ローマには行く予定もないし、バンコクやバリに行くので十分満足しているので、ローマ病わりと治まっていたのですが、ここで一気にヒートアップ、わたしの脳内トリップはすでにローマに飛んでいました。
あ~、テヴェレ河畔に立って、サン・ピエトロのドーム眺めたい!スペイン階段からコンドッティ通り見下ろしたい!美味しいイタリア料理食べたい!かっこいいイタリア人ウォッチングしたい!
すっかりローマ気分のちょっと幸せな通勤タイムでした。

4月だし、最近サボりぎみだったイタリア語、またちょっと真剣に勉強しようかな~。
いつまでたっても上達しないのですが。(爆)
[PR]
# by Giovanni12 | 2006-04-01 19:19 | Italia | Comments(8)

常々、フォーシーズンズってなんだかちょっとスノッブな感じがして、あんまり魅力かんじないわぁ、などと言って(世間ではそれを、負け惜しみまたはねたみ&ひがみという)、少なくともバリのフォーシーズンズにはけっして泊まることがないと思われる、自分への言い訳としていました。
ところが、去年の冬、カナダのウィスラーに行くことになり、この地に半年前にフォーシーズンズリゾート・ウィスラーができたことを知り、あれほどフォーシーズンズには興味がないと豪語していたにもかかわらず、バリのフォーシーズンズなぞと比べ、わりとお手ごろ価格だったこともあり、まったく節操なくフォーシーズンズに泊まることに、、、要は泊まってみたかった。(爆)
ほんとは、スキーは旅行代金以外にもリフト代やらレンタルスキー代やらお金かかるから、なるべく安上がりで行こう、と思っていたはずなのに、すでにわたしにはフォーシーズンしか頭にありません。

さて、実際に行ってみたフォーシーズンズリゾート・ウィスラーは・・・
f0002265_21365976.jpgホテルの外観はわりとシンプルな山小屋風です。豪華さにはお隣のお城のようなシャトーウィスラーに負けるかなぁ。
場所はちょっとはずれにありますが、15分間隔ぐらいでシャトルバスが走っているので、それほど不便はありません。気候がいい時期ならば、ウィスラーの町までちょうどいいお散歩になります。
わたしいちばん感動したのはスキーコンシェルジェです。ホテルから直接ゲレンデには出れないのですが、ゲレンデに近い場所にスキーコンシェルジェなるものがあり、そこにスキーもブーツも置いておくことができます。なのでスキーを担いで歩く必要はありません。おまけにスキー靴まではかせてくれ、かなりお姫様きぶん~!
お部屋はスタンダードのお部屋でもじゅうぶんゆったりしています。


f0002265_21473541.jpgでも、お部屋のいい写真がなかったー。(爆)
お部屋には暖炉(もどき)もあります。(暖炉のカタチをしたガスストーブ??)

f0002265_214855100.jpgバスルームにはバスタブとシャワーブースがあり、シンクも2つ。
ここのバスローブは今までで一番フカフカで気持ちよかった~。

というわけで、あっさりフォーシーズンズに降参です。
すっかりやられました。
期待どおり、いえ、期待以上にすばらしいホテルでした。
帰国後、しばらくはサヤンに行きたくて行きたくて仕方なかったのは、いうまでもありません。
[PR]
# by Giovanni12 | 2006-03-30 22:08 | My favorite | Comments(4)

滑り納め

長野県の栂池に今シーズンの滑り納めに行ってきました。
今シーズンスキーに行くのは2回目で、しかも前回は熱を出しダウンしていたので、ほとんど滑っていません。
なので、滑り納めといってもシーズン初スキーと同じようなもので(爆)、ちょっと寂しいですが、土日の2日間たっぷり滑ったので、満足です~!
f0002265_1955207.jpg

お天気にも恵まれ、とくに土曜日はほんとうに、雲ひとつない青空とはまさにこのことをいう、ほど澄み切った青空で、ちょっと感動でした。
気温も高く暖かかったので、さすがに雪はザクザクでしたが、量はまだまだ十分すぎるほどあり、この時期にしたら上出来ではないでしょうか。

今回、友達の家族と3組で行ったのですが、久しぶりの大人数でのスキー、楽しかったです。
やっぱりスキーはみんなで行くと楽しいね♪
それにしても、こどもたちの上達の早さには目を見張るものがあり、、、
朝は立つことすらままならなかったのが、帰るころにはしっかりプルークつくって滑ってるんですもの。わたしなんて、あっというまに抜かされてしまうのでしょうね~。(爆)

1月まではあんなに大雪だったのに2月はほとんど降らなかったそうで、すっかり雪に埋もれていた白馬の町には、もうほとんど雪はありませんでした。
雪国にも春は確実に近づいています。
[PR]
# by Giovanni12 | 2006-03-27 20:07 | Neve(雪) | Comments(2)

その昔、富士山の裾野、御殿場に御殿場ファミリーランドという遊園地がありました。(今、その場所にはアウトレットがあります~。)
その御殿場ファミリーランドのプールに「リオブラボー」というアトラクションがありました。
いや、アトラクションというか要は大きな浮き輪に乗って滑り下りるウォータースライダーなのですが、スライダーがくねくねに作ってあり、ずばりイメージは川くだりなのです。
下りるときに前後左右にくるくる浮き輪が回り、その楽しいことといったら、、、何度でもやりたくなります。(爆)
ちなみに、浮き輪には一人乗りと二人乗りがあり、一人乗りのほうが数倍楽しかったです。

と、リオブラボーの話をしたかったわけではなく、バリでトラガジャワ川のラフティングをしたときに、このリオブラボーを思い出しました。
f0002265_19444447.jpg

写真は途中の休憩地点にある滝ですが、この滝にボートは突っ込んでいきます!
川の流れはかなり速く、ひとりで歩いてこの滝のところまで行くのはかなりキツイです。

もちろん、リオブラボーのような作りモノではなく、ホンモノの川で流れも速いのでリオブラボーよりもはるかにスリル満点だし、距離についてはまったく比べものにならないし、リオブラボーと比べること自体、ナンセンスなことなのですが、その楽しさはリオブラボーで味わったあの楽しさをなんだか思いださせるものでした。。
f0002265_19494320.jpg

これはもう、終点間近。
そして、深い緑に囲まれたトラガジャワ川の景色もとてもすてきでした。
[PR]
# by Giovanni12 | 2006-03-22 20:00 | Bali | Comments(8)

ダ・ヴィンチ・コード

ほんとうに、今更ですが、「ダ・ヴィンチ・コード」にはまりました。
ダ・ヴィンチ・コード (上)
ダン・ブラウン 越前 敏弥

ダ・ヴィンチ・コード (下)
ダン・ブラウン 越前 敏弥





話題になっていたときには、なんとなく読む機会を失っていたのですが、先日文庫本化され、5月には映画も公開されるというので、軽い気持ちで読み始めました。
ところが、もう初っ端から見事にはまりました。
一番最初にでてくる絵画は大好きなカラヴァッジョ(カラヴァッジョは小説の筋とはまったく関係ありませんでしたが)、それだけでもう、わくわく感が一気に高まりました。
物語がどうなるのか、謎はどのように解かれるのか、気になって気になって、仕事中も先が読みたくて仕事も手につかないほど、、、(爆)
おまけに歴史上の絵画や教会が次々と登場して、これはもうたまりません~。

これは、映画もぜひとも見にいかなくては。
わたし的には、主人公がトム・ハンクスっていうのがちょっと、、、という気もしますが、ジャン・レノも出てるし、早く見てみたい~!
[PR]
# by Giovanni12 | 2006-03-18 22:02 | My favorite | Comments(2)

甘い誘惑♪

先日、ふと、前に父がヴィタメールのチョコレート・ブラウニーが食べてみたいと言っていたのを思い出し、会社帰りに寄ってみました。
このチョコレート・ブラウニー、毎日限定100個とかで、もうないかなぁと思ったのですが、まだ残っていたので、父のぶんとついでに自分用に購入。
f0002265_21252368.jpg

最近の甘さを抑えたケーキ、どうもわたしには物足りなく、どうせ食べるならしっかり甘いケーキが好みです。
このチョコレート・ブラウニー、歯ごたえはとても軽いのですが、チョコレートはしっかり甘くて、とてもわたし好み♪
ナッツもたっぷり入っています。
最近食べたスイーツの中ではかなりのヒットです。

そういえば、今日はホワイトデー。
ホワイトデーのプレゼントにもいいかも、ってもう今日も数時間で終わりか、、、。
ま、バレンタインデー、誰にもあげていないわたしには関係ないですが。(爆)
[PR]
# by Giovanni12 | 2006-03-14 21:37 | My favorite | Comments(4)

MK、謎の生き物?

フラニーさんのタイの定番にTB。
タイスキ初心者のわたしには、タイスキについて語れることはほとんどないのですが、フラニーさんのこのMKのコンロを見て、わたしが食べたときはこんなコンロではなかった~、と思って確かめてみたところ、、、

確かにコンロは違いました。
でも鍋にはしっかり、謎の生き物が、、、
f0002265_0143436.jpg

いました。(笑)
このキャラクター、いったいなんなんでしょうね。
わたしはピカチュウのできそこないかと思いました、、、。
[PR]
# by Giovanni12 | 2006-03-11 00:17 | Bangkok | Comments(4)